毎日の星占いを見ながら、四字熟語のポテンシャルを高めよう!
☆☆☆FC2ブログランキング☆☆☆

FC2ブログランキング

プロフィール

暦りりす

Author:暦りりす
暦りりすのブログへようこそv
12星座別の星占いを、四字熟語に例えて占います!
毎日更新しますので、まめにチェックしてみてくださいね。スポンサー歓迎します!!
リンクフリーです。ご自由にご活用ください☆☆

オススメ
オススメ
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
オススメ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



11月30日のキーワード

...2007/11/30 02:41...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「老成円熟~ろうせいえんじゅく~」
豊富な経験をもとに考えや態度が柔軟な様。


牡牛座

「砺山帯河~れいざんたいが~」
国が永久に持続する意味。(黄河が帯のように細くなり、泰山が砥石のように平らになろうとも。)


双子座

「綾羅錦繍~りょうらきんしゅう~」
美しい衣服、また、目もあやに美しいものを表現する時に使う言葉。


蟹座

「吾唯知足~われただたるをしる~」
私はただ自分が満たされていることを知っている」という意味。いわゆる「知足」の精神。吾唯足知ともいう。


獅子座

「六十耳順~ろくじゅうじじゅん~」
六十歳で異なる考えも素直に聞き入れられるようになると言うこと。孔子は六十歳になったとき、学問修養も進み、自分と異なる説を聞いても、理にかなえば抵抗なく理解できるようになった。「耳順」は、素直に聞くことが出きる意で、六十歳の意にも用いる。


乙女座

「凌雲之志~りょううんのこころざし~」
俗界を離れて高く別天地に遊ぶ願い。


天秤座

「流芳後世~りゅうほうこうせい~」
よい評判・名声を後世にまで残すこと。


蠍座

「廊廟之計~ろうびょうのけい~」
大臣宰相となって政務を執るはかりごと。


射手座

「令聞嘉誉~れいぶんかよ~」
よい誉れ。立派な評判。


山羊座

「霊魂不滅~れいこんふめつ~」
肉体は滅びても魂はいつまでも滅びないこと。


水瓶座

「矮人看戯~わいじんかんぎ~」
物事を判断する見識がないことのたとえ。背の低い人が芝居を見るとき、人にさえぎられてよく見えず、前の人の批評にわけもなく従うことからいう。


魚座

「良禽択木~りょうきんたくぼく~」
立派な人は立派な主君を選んで仕えること。


スポンサーサイト




11月29日のキーワード

...2007/11/30 01:58...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「竜門之遊~りゅうもんのゆう~」
すぐれた人の遊び。


牡牛座

「矮子看戯~わいしかんぎ~」
物事を判断する見識がない。自分の意見を持たず付和雷同すること。


双子座

「淋漓尽致~りんりじんち~」
話しことばや文章表現が流暢で、十分に意を尽くしていること。「淋漓」は水のしたり落ちること。 「尽致」は十分に意を尽すこと。


蟹座

「六十六部~ろくじゅうろくぶ~」
日本内地の六十六か国の寺に参拝して一部ずつ経を納めること。諸国行脚の僧。雲水。


獅子座

「冷暖自知~れいだんじち~」
水の冷たいか、暖かいかはそれを飲む人が知る。自分のことは他人にとやかくいわれなくても自分で判断することをいう。


乙女座

「老当益壮~ろうとうえきそう~」
老年になっても、ますます盛んな意気を持って困難にも立ち向かうべきであるということ。


天秤座

「令聞広誉~れいぶんこうよ~」
世に広がった良い評判。


蠍座

「良風美俗~りょうふうびぞく~」
その社会を支えている健全な風俗。


射手座

「連戦連勝~れんせんれんしょう~」
何度も戦ってそのたびに勝つこと。


山羊座

「流転輪廻~るてんりんね~」
仏教で衆生の魂が車輪のように回転して巡り、生きかわり、死にかわりするという考え。


水瓶座

「鹿死誰手~ろくしすいしゅ~」
勝敗の決まらない状態をいう。天下は、まだ誰が統一するか不明ということから。


魚座

「連帯責任~れんたいせきにん~」
二人以上の人が連帯で責任を負うこと。






11月28日のキーワード

...2007/11/30 01:33...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「冷酷無残~れいこくむざん~」
人間らしい情が無くむごたらしく残忍なこと。


牡牛座

「良金美玉~りょうきんびぎょく~」
よい金と、うるわしい玉。すぐれた文章のたとえ。


双子座

「論功行賞~ろんこうこうしょう~」
功績をあげたものに、それにふさわしく相応した賞を与えること。


蟹座

「和衷共同~わちゅうきょうどう~」
心を通わせ共に力を合わせて物事に対処すること。


獅子座

「六道輪廻~ろくどうりんね~」
衆生(しゅじょう)は、迷っているうちはいつまでも六道をめぐって生死を繰り返す、という考え方。


乙女座

「炉辺談話~ろへんだんわ~」
いろりばたでくつろいでするおしゃべり。ろばたの四方山語(よもやまご)。


天秤座

「冷酷無情~れいこくむじょう~」
冷酷で、思いやりの気持ちがないこと。情け知らず。


蠍座

「麟鳳亀竜~りんぽうきりょう~」
麒麟と鳳凰と仙亀と神竜。四神にあたる。珍しいもの、また、すぐれた賢人のたとえ。


射手座

「累進課税~るいしんかぜい~」
収入額が増えるにつれて税率も上がる税制。


山羊座

「臨深履薄~りんしんりはく~」
非常に危険なこと。


水瓶座

「驢鳴犬吠~ろめいけんばい~」
驢馬が鳴き、犬が吠える。聞くに足らないこと。つまらない文章。


魚座

「令聞令望~れいぶんれいぼう~」
すぐれた令名と、立派な声望。令はすぐれて、立派、よい、という意。






11月27日のキーワード

...2007/11/27 01:32...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「良妻賢母~りょうさいけんぼ~」
夫に対してはよい妻であり、子に対しては賢い母であるような女性。


牡牛座

「臨機応変~りんきおうへん~」
時と場合によって柔軟にうまく適切な処置をすること。


双子座

「鹿鳴之宴~ろくめいのえん~」
科挙に及第して都に行くときの送別の宴。「詩経」の小雅の鹿鳴を歌うところからいう。賓客を迎え、また、めでたいことのあるときの宴会。


蟹座

「竜虎相搏~りゅうこあいうつ~」
二人の強いものが勝敗を争う。両雄相戦う。


獅子座

「籠鳥恋雲~ろうちょうれんうん~」
籠の中に飼われている鳥が空に浮かぶ雲を恋い慕うこと。転じて、束縛されている者が自由を得たいと望むことをいう。


乙女座

「連鎖反応~れんさはんのう~」
鎖のようにつぎつぎと反応が起こること。


天秤座

「六菖十菊~ろくしょうじっきく~」
手遅れのたとえ。五月五日は菖蒲、九月九日は菊の節句であるが、それに遅れていること。


蠍座

「理路整然~りろせいぜん~」
話や議論などのすじみちがよく整っているようす。


射手座

「類比推理~るいひすいり~」
物事の間に見られる類似点を比較したりして、相互関係や共通点を推測すること。


山羊座

「両鳳連飛~りょうほうれんぴ~」
二羽の鳳凰が翼を連ねて飛ぶ様子をいい、兄弟がともに出世することをいう。


水瓶座

「令狸執鼠~れいりしつそ~」
その人の長所・特技を生かして使うたとえ。「狸(野猫)に令して鼠を執らしむ」


魚座

「竜駒鳳雛~りょうくほうすう~」
優れた少年のたとえ。






11月26日のキーワード

...2007/11/26 03:00...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「連篇累読~れんぺんるいとく~」
だらだら無用の文章を書き綴ること。


牡牛座

「鹿苹之歓~ろくへいのよろこび~」
太平の宴会をいう。鹿が和らぎ鳴いて野の苹(よもぎ)を食べるさまから、賢人を集めてのなごやかな酒盛りをいう。


双子座

「臨渇掘井~りんかつくっせい~」
のどが渇いてから、井戸を掘るということで、差し迫っての必要に、間に合わないたとえ。盗人を捕らえて縄をなう。


蟹座

「狼子野心~ろうしやしん~」
狼を手なずけようとしても、生来の野性があだとなり、なかなか慣れない。謀反の心や凶暴な人は容易に教化しにくいことにたとえる。


獅子座

「凌霄之志~りょうしょうのこころざし~」
大空をもしのぐ高い望み。


乙女座

「礼煩則乱~れいはんそくらん~」
礼儀も度を越えて強制すると束縛と受けとられて、人心が離れてしまう。


天秤座

「竜虎之姿~りょうこのし~」
竜や虎のすぐれた姿。風采。英雄の素質と威儀。


蠍座

「梁上君子~りょうじょうのくんし~」
盗人の別名。漢の陳寔が賊が忍び込んで、梁の上に隠れているのに気がついて、「人の本性は善良であるが、悪い習慣がつけば、悪人となる。梁の上の君子がそれだ」と子弟に訓戒した。それを聞いて盗賊は梁から降りて罪を謝したという故事。


射手座

「利敵行為~りてきこうい~」
その言動が、敵側にとって有利になるような行い。


山羊座

「冷眼傍観~れいがんぼうかん~」
冷静な態度で推移を見守る、冷ややかな眼付きで傍観すること。


水瓶座

「竜瞳鳳頸~りょうどうほうけい~」
竜のような瞳と鳳凰のようなくび。極めて貴い人相とされる。


魚座

「聾者之歌~ろうしゃのうた~」
つんぼの歌ううた。聾者は、自分で歌ってもそれを聞いて楽しむことができないところから、自分で行ないながら、それにより自分を楽しませることのできないことにたとえる。






11月25日のキーワード

...2007/11/25 01:20...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「離朱之明~りしゅのめい~」
目がよく見えることをいう。離朱は百歩を離れて、毛の先がよく見えたという視力のすぐれた人。


牡牛座

「量入制出~りょうにゅうせいしゅつ~」
収入をはかって、しかるのちに支出を定めること。


双子座

「冷汗三斗~れいかんさんと~」
非常に怖いこと。また、恥ずかしい思いをすること。「三斗」は量の多い例え。冷や汗が三斗も出る意から、非常に恥ずかしい思いや、恐ろしいことにあったときの気持ちに使う。


蟹座

「老驥伏櫪~ろうきふくれき~」
年取った良馬が小屋のねだ(馬屋の床下に渡す横木)に寝る。賢者が年とってなお世に用いられないこと。


獅子座

「冷吟閑酔~れいぎんかんすい~」
さりげなく詩を口ずさみ、のんびりと酔う、という自由で気楽な暮らし。(白楽天)


乙女座

「累卵之危~るいらんのあやうき~」
卵を積み重ねたように崩れやすく、きわめて不安定で危険な状態にあること。


天秤座

「柳暗花明~りゅうあんかめい~」
柳が薄暗く茂り、花が明るく咲く、春の美しい景色。転じて、行き詰まったかと思った途端、新しい展開がひらけることにもたとえる。 「遊里」をいうこともある。


蠍座

「輪廻転生~りんねてんしょう~」
何度も死んでは生まれ変わること。


射手座

「竜攘虎搏~りゅうじょうこはく~」
竜と虎が喧嘩するように互角の強者が闘うこと。


山羊座

「利用厚生~りようこうせい~」
人民の使う道具類を便利にし、衣食を豊かにし、暮らしが楽になるようにすること。


水瓶座

「落下流水~らっかりゅうすい~」
男女が慕い合う気持 を言う言葉。流れに散り落ちる花は水に浮かんで流れたいと思い、流れる水は散り落ちる花を浮かべて流れたいと思う心を持っているの意から。落花流水


魚座

「旅進旅退~りょしんりょたい~」
ともにそろって進み、そろって退く。進退をともにする。また、定見や節操をもたず、ただ他人の意見に従うこと。(= 付和雷同)






11月24日のキーワード

...2007/11/24 02:27...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「流連荒亡~りゅうれんこうぼう~」
遊びにふけって家に帰らなかったり、飲酒などの遊興で、結果、国を滅ぼす意。


牡牛座

「流言飛語~りゅうげんひご~」
誰いうともなく伝わる、根拠のない、いいかげんな噂。根も葉もないデマ。


双子座

「流寓漂泊~りゅうぐうひょうはく~」
落ちぶれてさすらう。


蟹座

「竜頭蛇尾~りゅうとうだび~」
最初は竜のように立派だが、終りになるに従い蛇の尾のように尻すぼみになること。すなわち、始めは盛んであるが、終りが振るわないこと。


獅子座

「竜驤麟振~りょうじょうりんしん~」
竜のように登り、麒麟のように奮う。威勢のすぐれたさま。


乙女座

「良史之材~りょうしのざい~」
すぐれた歴史家としての才能。


天秤座

「臨渕羨魚~りんえんせんぎょ~」
「渕に臨みて魚を羨む」。渕の傍らに立って魚が慾しいと思っているだけでは、魚は手に入らない。 効果的手段を考えることがたいせつの意。


蠍座

「倫理道徳~りんりどうとく~」
人として守るべき道。モラル。


射手座

「礼楽刑政~れいがくけいせい~」
礼儀、音楽、刑罰、政令。いずれも国の秩序を維持する基本となるもの。


山羊座

「竜蟠虎踞~りゅうばんこきょ~」
竜がとぐろを巻き、虎が蹲る。強いものがある場所で権勢を振るう事。


水瓶座

「櫪馬籠禽~れきばろうきん~」
馬屋につながれた馬と籠に入れられた鳥の意で、拘束されて自由にならない身のたとえ。(= 籠鳥檻猿)


魚座

「良知良能~りょうちりょうのう~」
本来人間が生まれながらに持っている知恵と才能。






11月23日のキーワード

...2007/11/23 03:13...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「流觴飛杯~りゅうしょうひはい~」
酒宴を開いて酒を酌み交わす。


牡牛座

「遼東之豕~りょうとうのいのこ~」
他の社会を知らないことから小さなことを得意に思うこと。


双子座

「流離零落~りゅうりれいらく~」
おちぶれる。


蟹座

「両部習合~りょうぶしゅうごう~」
本地垂迹説に基づき、仏教と神道を一つにした神道。


獅子座

「立身出世~りっしんしゅっせ~」
社会的に認められて、世間に名を知られるようになること。


乙女座

「柳緑花紅~りゅうりょくかこう~」
柳は緑、花はくれない。春の自然のありさま。物が自然のままで人工の加わらないこと。悟りを開いた状態の形容。


天秤座

「六韜三略~りくとうさんりゃく~」
奥の手。虎の巻。中国の兵法書「六韜」「三略」より。


蠍座

「離合集散~りごうしゅうさん~」
離れたり、合わさったり、別れたり集まったりすること。


射手座

「粒粒辛苦~りゅうりゅうしんく~」
こつこつと努力、苦労を重ねること。


山羊座

「竜驤虎視~りゅうじょうこし~」
天下に権威をふるうさま。竜のようにのぼり、虎のようににらむこと。「驤」は、おどりあがって天に昇る、勢いのさかんなこと。「虎視」は、虎が獲物を恐ろしい目でにらみすえる意。


水瓶座

「陵谷之変~りょうこくのへん~」
高い丘が変わって深い谷となり、谷が変じて丘となる。世の中の変遷のはなはだしいことのたとえ。


魚座

「良玉精金~りょうぎょくせいきん~」
すぐれた文章のたとえ。






11月22日のキーワード

...2007/11/22 04:13...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「流血淋漓~りゅうけつりんり~」
血が流れしたたるさま。


牡牛座

「柳眉倒豎~りゅうびとうじゅ~」
女性が怒って、眉を逆立てるさま。


双子座

「落落磊磊~らくらくらいらい~」
石が重なり集まっている状態。また、物事にこだわらないさま。


蟹座

「藍田生玉~らんでんせいぎょく~」
「藍田」は地名。藍田からは美しい玉を産出する。転じて、名門から優れた子弟の出ることをほめていう。


獅子座

「磊磊落落~らいらいらくらく~」
心が非常に大きく朗らかなこと。小さなことにこだわらないさま。石が積み重なって大変大きいさまも示す。「磊落」だけでも心が大きく、ちいさなことにこだわらないさま。


乙女座

「落地成根~らくちせいこん~」
植物の種子が地に落ちて、やがて根を張る。そして花が咲き、葉が繁り、また落葉となって根に帰る。


天秤座

「流行坎止~りゅうこうかんし~」
流れに乗れば行き、険しい所に合えば止まる。流れに任せるたとえ。


蠍座

「李広成蹊~りこうせいけい~」
「蒙求」の標題。立派な桃や李の木の下には、人が来て、自然に小道が出来るように、徳のある人は黙っていても、人が自然にその人に付き従うようになることのたとえ。漢の李広が死んだとき、みな悲しんで泣き、「桃李言わざれども、下おのずから蹊を成す」といわれた故事。


射手座

「梨園弟子~りえんていし~」
俳優。役者。


山羊座

「卵翼之恩~らんよくのおん~」
幼少から育てあげられた親の恩。父母が大事に子供を育てる恩をいう。


水瓶座

「洛陽紙価~らくようのしか~」
著書が世の人々に賞賛され、盛んに売れて読まれることをいう。


魚座

「利害得失~りがいとくしつ~」
利益と損害。儲けと損。






11月22日のキーワード

...2007/11/22 04:13...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「流血淋漓~りゅうけつりんり~」
血が流れしたたるさま。


牡牛座

「柳眉倒豎~りゅうびとうじゅ~」
女性が怒って、眉を逆立てるさま。


双子座

「落落磊磊~らくらくらいらい~」
石が重なり集まっている状態。また、物事にこだわらないさま。


蟹座

「藍田生玉~らんでんせいぎょく~」
「藍田」は地名。藍田からは美しい玉を産出する。転じて、名門から優れた子弟の出ることをほめていう。


獅子座

「磊磊落落~らいらいらくらく~」
心が非常に大きく朗らかなこと。小さなことにこだわらないさま。石が積み重なって大変大きいさまも示す。「磊落」だけでも心が大きく、ちいさなことにこだわらないさま。


乙女座

「落地成根~らくちせいこん~」
植物の種子が地に落ちて、やがて根を張る。そして花が咲き、葉が繁り、また落葉となって根に帰る。


天秤座

「流行坎止~りゅうこうかんし~」
流れに乗れば行き、険しい所に合えば止まる。流れに任せるたとえ。


蠍座

「李広成蹊~りこうせいけい~」
「蒙求」の標題。立派な桃や李の木の下には、人が来て、自然に小道が出来るように、徳のある人は黙っていても、人が自然にその人に付き従うようになることのたとえ。漢の李広が死んだとき、みな悲しんで泣き、「桃李言わざれども、下おのずから蹊を成す」といわれた故事。


射手座

「梨園弟子~りえんていし~」
俳優。役者。


山羊座

「卵翼之恩~らんよくのおん~」
幼少から育てあげられた親の恩。父母が大事に子供を育てる恩をいう。


水瓶座

「洛陽紙価~らくようのしか~」
著書が世の人々に賞賛され、盛んに売れて読まれることをいう。


魚座

「利害得失~りがいとくしつ~」
利益と損害。儲けと損。






11月21日のキーワード

...2007/11/21 02:30...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「乱暴狼藉~らんぼうろうぜき~」
荒々しい振る舞いをしたり、道理にはずれた無法な行いをすること。


牡牛座

「離群索居~りぐんさくきょ~」
仲間から離れて一人でいること。


双子座

「戮力協心~りくりょくきょうしん~」
一致協力して物事を行なうこと。


蟹座

「理非曲直~りひきょくちょく~」
道理に合ったことと、合わないこと。間違ったことと、正しいこと。


獅子座

「瑤林瓊樹~ようりんけいじゅ~」
玉の木や林。人品が気高くて、常の人よりすぐれていること。


乙女座

「来来世世~らいらいせせ~」
来世の来世。遠い未来のこと。


天秤座

「乱世之音~らんせいのおん~」
乱れた世の音楽。


蠍座

「力戦奮闘~りきせんふんとう~」
力を出し尽くして闘うこと。一所懸命努力すること。


射手座

「余裕綽綽~よゆうしゃくしゃく~」
ゆったりとしてあせらない、落ち着いていること。せこせこしない様子。


山羊座

「履霜之戒~りそうのいましめ~」
霜が降るのはやがて氷が張る前兆で、前兆によって、あらかじめ災いを防がなければならないというたとえ。


水瓶座

「落筆点蝿~らくひつてんよう~」
画家の妙技、凄腕をいうたとえ。


魚座

「乱脈経営~らんみゃくけいえい~」
筋道の立たない、でたらめな経営の仕方。






11月20日のキーワード

...2007/11/20 22:40...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「李下瓜田~りかかでん~」
スモモの木の下で冠を正し、瓜の畑で履物を履き直す意であるが、人の疑惑を招くような行い。


牡牛座

「雷陳膠漆~らいちんこうしつ~」
友情の非常に厚いこと。


双子座

「野心満満~やしんまんまん~」
大きな望みを持ってること。「野心」は、身分不相応の大きな望みのこと。


蟹座

「優游涵泳~ゆうゆうかんえい~」
「優游」は、急がずゆったりとした態度、「涵泳」は水にもぐって泳ぎをすることから対象に傾倒する。 ゆったりした気持ちで学問や技芸の深い味わいをすること。


獅子座

「以湯沃雪~ゆをもってゆきにそそぐ~」
湯で雪をとかすことは、きわめて簡単なこと。物事が容易にできるたとえ。


乙女座

「落英繽紛~らくえいひんぷん~」
散った花びらが乱れ散るさま。繽紛は、乱れる。


天秤座

「乱筆乱文~らんぴつらんぶん~」
文字や文章を乱暴に書くこと。また、乱暴に書いた字。自分の文字・文章をへりくだっていうときにも用いる。


蠍座

「浴沂之楽~よくきのたのしみ~」
人々とともに清遊する楽しみ。曾皙が孔子の問いに対して、大人5~6人、子供6~7人と沂という川で水浴し、雨乞いをする小高い所で涼をとり、歌いながら帰ろうといったのに対し、孔子が、わたしもそうありたいといった故事。


射手座

「落花狼藉~らっかろうぜき~」
花が散り乱れているようす。そこから転じて物が入り乱れて散らかっているさまをいう。


山羊座

「李下之冠~りかのかんむり~」
疑われやすい言動は避けなければならないということ。李の木の下で冠をかぶり直すと、李の実を盗むのではないかと疑われるのでいう。


水瓶座

「頼芸求食~らいげいきゅうしょく~」
芸を売って生活する。芸が身を助ける。また、官位や禄に未練があってなかなかやめようとしない。


魚座

「乱臣賊子~らんしんぞくし~」
国を乱す悪臣と親に害を与える子供。不忠不孝の者をいう。






11月19日のキーワード

...2007/11/19 00:23...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「落花翩翩~らっかへんぺん~」
散ってゆく花びらがひらひらと舞うさま。


牡牛座

「悠悠緩緩~ゆうゆうかんかん~」
のんきでゆったりとしているさま。のんびりしていること。


双子座

「有名無実~ゆうめいむじつ~」
名ばかりで実質がともなわないこと。


蟹座

「雄材大略~ゆうざいたいりゃく~」
雄々しい才能と遠大な計画。大きな事業を推進するのにふさわしい才能をいう。


獅子座

「用筆沈雄~ようひつちんゆう~」
絵や字の筆つきが落ち着いていて、力がこもっていること。


乙女座

「油断大敵~ゆだんたいてき~」
油断すれば必ず失敗の元になるから、油断を非常に警戒しなくてはならない。


天秤座

「用舎行蔵~ようしゃこうぞう~」
世に用いられれば、出て道を行ない、捨てられれば去って身を隠す。


蠍座

「勇猛果敢~ゆうもうかかん~」
勇ましく強くて、決断力に富むこと。多少の抵抗にも負けず、思い切って物事を行うこと。「勇猛」は、勇ましく猛々しいこと。「果敢」は、決断力に富むこと。


射手座

「有害無益~ゆうがいむえき~」
害だけあって何の役にも立たないこと。


山羊座

「優游不迫~ゆうゆうふはく~」
ゆったりとしてこせこせしないこと。


水瓶座

「羊頭狗肉~ようとうくにく~」
羊の頭を看板に出しておき、その実は、いぬの肉を売ること。


魚座

「乱離骨灰~らりこっぱい~」
散々に離れ散ること。めちゃめちゃになること。






11月18日のキーワード

...2007/11/18 02:12...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「優游恬淡~ゆうゆうてんたん~」
ゆったりとしてあっさりしていること。物事にこだわらないこと。


牡牛座

「揚清激濁~ようせいげきだく~」
「清を揚げて濁を激す」。清らかな水を溢れさせて、濁った水を砕き遮ぎることから、善を賞で讃え、悪を除くこと。 「激」は流れる水が岩に当り砕け散ること。


双子座

「容姿端麗~ようしたんれい~」
顔立ちも体形も整っていて美しいこと。普通は女性に使う。「端麗」は、きちんと整っていて麗しいこと。


蟹座

「勇気凛凛~ゆうきりんりん~」
勇気に満ちあふれて、いきいきとしたようす。


獅子座

「有心故造~ゆうしんこぞう~」
人の足を引張ったり、陥れようと心に企みをもって、わざと事を行うこと。


乙女座

「兪扁之術~ゆへんのじゅつ~」
昔の名医である兪[足付]と扁鵲との医術。転じて名医の治療。


天秤座

「勇猛精進~ゆうもうしょうじん~」
心を強く持って、わき目も振らず仏道を修行すること。困難に打ち勝って進み、一心に励む。


蠍座

「熊虎之将~ゆうこのしょう~」
熊や虎のような、勇猛な大将。


射手座

「優游無事~ゆうゆうぶじ~」
暇があってのんびりしていること。


山羊座

「庸中~ようちゅうのこうこう~」
普通の人の中で、やや勝っている人のこと。


水瓶座

「利害関係~りがいかんけい~」
お互いに利害が影響しあう関係。


魚座

「夜声八丁~よごえはっちょう~」
夜はあたりが静かだから、小声で言っても八丁先まで聞こえる、ということから聞こえやすいことのたとえ。ささやき八丁。






11月17日のキーワード

...2007/11/17 02:37...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「有待之身~ゆうたいのみ~」
いつかは事を成そうと時期を待つ身。


牡牛座

「用行捨蔵~ようこうしゃぞう~」
出処進退の態度が立派で巧みなたとえ。自分が用いられるなら理想を追及して行動し、捨てられるのなら、一時理想をしまいこんでチャンスを待つという態度。


双子座

「右文左武~ゆうぶんさぶ~」
文を右にし武を左にする。文武二つの方法で天下を治める。


蟹座

「陽動作戦~ようどうさくせん~」
敵の注意をそらすために別の方面でわざと目立った動きをする作戦。


獅子座

「陽関三畳~ようかんさんじょう~」
別れを繰り返し惜しむこと。陽関曲の第四句(結句)を三度繰り返しうたい別れを惜しむこと。


乙女座

「薬籠中物~やくろうちゅうのもの~」
薬箱の中の常備薬。転じて、いつも手なずけておき、味方として自由に働かせられる人。


天秤座

「有終之美~ゆうしゅうのび~」
最後まで立派に成し遂げること。


蠍座

「落月屋梁~らくげつおくりょう~」
入りかかった月が屋根を照らす。故人を思う心が切なること。


射手座

「有脚書厨~ゆうきゃくしょちゅう~」
脚のある書斎。転じて、博学多識の人をいう。


山羊座

「夜目遠目~よめとおめ~」
夜見たり、遠くから見ること。→実質を見極めない様。


水瓶座

「容貌魁偉~ようぼうかいい~」
顔つき、体つきがたくましくて立派なさま。


魚座

「悠悠自適~ゆうゆうじてき~」
俗世間を退いて、のんびりと日々を過ごすこと。定年退職後の生活などをいう。






11月16日のキーワード

...2007/11/16 02:19...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「弓矢八幡~ゆみやはちまん~」
武神である八幡大菩薩。武士が誓いを立てるときにいう言葉。偽りのないことを誓う言葉。


牡牛座

「用意周到~よういしゅうとう~」
何事にも用意がすみずみまで行き届き、手抜かりのないこと。


双子座

「陽春白雪~ようしゅんはくせつ~」
高尚な歌は調子を合わせてともに歌える人が少ない。優れた言行を理解できる人は少ないことのたとえに用いる。


蟹座

「優勝劣敗~ゆうしょうれっぱい~」
能力のまさっているものが勝ち、劣るものが負ける。強者、適格者が栄えていくこと。


獅子座

「有枝添葉~ゆうしてんよう~」
話などに尾ひれをつけてことさらおおげさにすること。


乙女座

「有職故実~ゆうそくこじつ~」
公家や武家の制度、官職の先例。「有職」は、職に関する知識のある意。「故実」は、古い事柄。平安時代以降の公家や武家の儀式、法制、作法、服飾などの実例や習慣のこと。


天秤座

「有脚陽春~ゆうきゃくようしゅん~」
到る所に恩徳を施すこと。脚のある春の意味。春が万物を発生させるように、仁徳を施すこと。唐の宋の故事。


蠍座

「要害堅固~ようがいけんご~」
地勢が険しくて、攻め落とすのが非常に難しいようす。


射手座

「有言実行~ゆうげんじっこう~」
言葉通りのことを実行すること。


山羊座

「欲求不満~よっきゅうふまん~」
欲求が満たされず、いらいらする状態。


水瓶座

「羊質虎皮~ようしつこひ~」
羊が虎の皮をかぶる。外見は立派だが、実質が伴っていないことにたとえる。


魚座

「勇退高踏~ゆうたいこうとう~」
官職を辞して俗世間から離れた生活を送ること。






11月16日のキーワード

...2007/11/16 02:19...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「弓矢八幡~ゆみやはちまん~」
武神である八幡大菩薩。武士が誓いを立てるときにいう言葉。偽りのないことを誓う言葉。


牡牛座

「用意周到~よういしゅうとう~」
何事にも用意がすみずみまで行き届き、手抜かりのないこと。


双子座

「陽春白雪~ようしゅんはくせつ~」
高尚な歌は調子を合わせてともに歌える人が少ない。優れた言行を理解できる人は少ないことのたとえに用いる。


蟹座

「優勝劣敗~ゆうしょうれっぱい~」
能力のまさっているものが勝ち、劣るものが負ける。強者、適格者が栄えていくこと。


獅子座

「有枝添葉~ゆうしてんよう~」
話などに尾ひれをつけてことさらおおげさにすること。


乙女座

「有職故実~ゆうそくこじつ~」
公家や武家の制度、官職の先例。「有職」は、職に関する知識のある意。「故実」は、古い事柄。平安時代以降の公家や武家の儀式、法制、作法、服飾などの実例や習慣のこと。


天秤座

「有脚陽春~ゆうきゃくようしゅん~」
到る所に恩徳を施すこと。脚のある春の意味。春が万物を発生させるように、仁徳を施すこと。唐の宋の故事。


蠍座

「要害堅固~ようがいけんご~」
地勢が険しくて、攻め落とすのが非常に難しいようす。


射手座

「有言実行~ゆうげんじっこう~」
言葉通りのことを実行すること。


山羊座

「欲求不満~よっきゅうふまん~」
欲求が満たされず、いらいらする状態。


水瓶座

「羊質虎皮~ようしつこひ~」
羊が虎の皮をかぶる。外見は立派だが、実質が伴っていないことにたとえる。


魚座

「勇退高踏~ゆうたいこうとう~」
官職を辞して俗世間から離れた生活を送ること。






11月15日のキーワード

...2007/11/15 02:15...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「名誉棄損~めいよきそん~」
他人の社会的評価を公の場で傷つけること。


牡牛座

「明目張胆~めいもくちょうたん~」
目を大きく見開き、腹を決め、何者も恐れないで事に当たること。


双子座

「妖怪変化~ようかいへんげ~」
不思議な現象や化け物のこと。


蟹座

「勇往邁進~ゆうおうまいしん~」
困難をものともしないで、ひたすら突き進むこと。


獅子座

「遊刃余地~ゆうじんよち~」
余裕をもって物事を処理するたとえ。


乙女座

「明朗闊達~めいろうかったつ~」
性格が明るくさっぱりとしていること。「明朗」は、明るく朗らかなこと。心が広く物事にこだわらないこと。「闊達」は、「豁達」ともかき、心持ちが広くておおらかなこと。


天秤座

「面従後言~めんじゅうこうげん~」
従ったふりをして後で陰口をいうこと。人の面前では従いへつらい、退いてから陰で悪口を言うこと。


蠍座

「夜雨対床~やうたいしょう~」
兄弟が相思う心情。雨の夜、その音を聞きながら兄弟が床を並べて仲良く寝るさま。


射手座

「沃野千里~よくやせんり~」
肥えた平地が非常に広く広がりつづけていること。


山羊座

「悶絶躄地~もんぜつびゃくじ~」
苦痛に耐えられず悶え苦しむこと。


水瓶座

「門前雀羅~もんぜんじゃくら~」
門の前にスズメが群れて網でとらえられるくらい、ひっそりしていて閑散と寂しい様子。


魚座

「融通無碍~ゆうずうむげ~」
滞りのないこと。考え方や行動に差別やこだわりのないさまをいう。






11月14日のキーワード

...2007/11/14 01:50...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「無茶苦茶~むちゃくちゃ~」
でたらめで筋道が通らないこと。


牡牛座

「有識之士~ゆうしきのし~」
事の道理に明るい人。


双子座

「宥座之器~ゆうざのき~」
かたわらに置いて戒めとする道具。宥は右の意味。


蟹座

「面従腹背~めんじゅうふくはい~」
面と向かっては服従していながら、腹の中では背反しているようす。


獅子座

「薬石無効~やくせきむこう~」
病人に対しての薬や治療も効果がなく、手当のかいが全くないこと。


乙女座

「名誉挽回~めいよばんかい~」
失った信用を取り戻すこと。


天秤座

「目茶苦茶~めちゃくちゃ~」
ひどく混乱して普通でない状態のこと。


蠍座

「薬石之言~やくせきのげん~」
人を戒めて、改めさせる言葉。


射手座

「瑤宮瓊闕~ようきゅうけいけつ~」
玉で飾った宮殿。立派な宮殿。


山羊座

「無間地獄~むげんじごく~」
絶え間ない苦しみを受ける地獄。


水瓶座

「夢幻泡沫~むげんほうまつ~」
ゆめまぼろしや水の泡。儚い事のたとえ。


魚座

「勇将弱卒~ゆうしょうじゃくそつ~」
強く勇ましい大将の元では、兵卒はそれに感化されて強くなり、弱い者はいない。






11月13日のキーワード

...2007/11/13 13:43...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「孟母三遷~もうぼさんせん~」
孟子の母が息子の教育にふさわしい環境を選んで住居を度々移したという故事。


牡牛座

「有形無形~ゆうけいむけい~」
形のあるものと形のないもの。


双子座

「無偏無党~むへんむとう~」
偏ることなく中立公平であること。


蟹座

「無病息災~むびょうそくさい~」
病気がなく健康であること。達者、元気でいること。


獅子座

「面目躍如~めんもくやくじょ~」
世間の評価を上げて面目をほどこし、生き生きしているようす。


乙女座

「罔極之恩~もうきょくのおん~」
きわまりない父母の大恩。罔は無。


天秤座

「名論卓説~めいろんたくせつ~」
優れた意見や議論。


蠍座

「唯一無二~ゆいつむに~」
ただそれ一つだけで二つとないこと。他にない貴重なものであること。


射手座

「惟適之安~ゆいてきのあん~」
ただ自分の心にかなうことに安んじる。自分の心のままになるのをよしとする。


山羊座

「妄想之縄~もうぞうのなわ~」
身を苦しめる迷い。


水瓶座

「有終完美~ゆうしゅうかんび~」
何事も終わりが肝心であること。最後まで物事を立派にやり遂げること。「有終」は、「終わり有り」で、終わりをまっとうする意。


魚座

「優柔不断~ゆうじゅうふだん~」
ぐずぐずしていて決断の遅いこと。決断力に乏しいこと。






11月12日のキーワード

...2007/11/13 03:42...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「游雲驚竜~ゆううんきょうりゅう~」
たなびく雲と驚く竜。書がいかにも思うさまのびのびとし、巧妙なさま。


牡牛座

「門外不出~もんがいふしゅつ~」
貴重な物を家の外には絶対に出さずに大切に秘蔵すること。他人に見せたり持ち出さない。


双子座

「夜郎自大~やろうじだい~」
自分の力量をわきまえず、仲間うちで威張ること。知識も力もないのに尊大にふるまう。


蟹座

「無知蒙昧~むちもうまい~」
知識・知恵がなく、物事の道理がわからないこと。


獅子座

「面向不背~めんこうふはい~」
どの角度から見ても美しいこと。前も後ろもともに美しくて表裏のないこと。「面向」はひたいの真ん中。もと、三方に正面をむけた仏像をいった語。転じて、どの角度から眺めても形が整い美しいことをいう。「背」は、後ろ、裏の意。「不背」は裏側がないこと。


乙女座

「問答無用~もんどうむよう~」
話し合っても無駄、話し合う必要がないこと。


天秤座

「名所旧跡~めいしょきゅうせき~」
名所は景色または古跡などで名高い所。旧跡は歴史の事件や事物のあったところ。旧蹟とも書く。


蠍座

「物見遊山~ものみゆさん~」
物見とは祭や行事などを見にゆくこと。遊山は山や野に遊ぶことで、気晴しに見物や遊びに出かけること。


射手座

「唯我独尊~ゆいがどくそん~」
世の中で自分だけがえらいと思い上がること。釈迦が言ったとされる言葉で、天地で自分だけが尊いことから転じて。


山羊座

「無援孤立~むえんこりつ~」
誰も助けるものがなく、ひとりぼっちのこと。


水瓶座

「門前成市~もんぜんせいし~」
人が沢山集まるさま。→反・門前雀羅。


魚座

「猛虎伏草~もうこふくそう~」
英雄が世間から隠れていても、それは一時のことでいつかは必ず世に出るということ。






11月11日のキーワード

...2007/11/11 02:16...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「免許皆伝~めんきょかいでん~」
師が芸術・武術などの奥義を残らずすべて弟子に伝授すること。


牡牛座

「無理無体~むりむたい~」
道理にかなっていないことを無理矢理に押し通すこと。


双子座

「無理非道~むりひどう~」
道理にはずれたこと。


蟹座

「目使気使~もくしきし~」
口で指図せず、目つきや顔色で部下を使うこと。権勢の盛んなようすをいう。


獅子座

「門戸開放~もんこかいほう~」
出入りを自由にすること。


乙女座

「孟母断機~もうぼだんき~」
孟子が途中で学をやめようとしたのを戒めた故事。続けていたことを途中で止めたら、これ以上進まないばかりか、すべて水の泡になるということ。


天秤座

「無欲恬淡~むよくてんたん~」
欲がなく、あっさりとしていて物にこだわらないこと。


蠍座

「目営心匠~もくえいしんしょう~」
目ではかり、心の中で考えたくらむ。自分一人で工夫すること。


射手座

「妄言多謝~もうげんたしゃ~」
自分の独断偏見で述べた言葉について、その後に深くお詫びする意。


山羊座

「冥冥之志~めいめいのこころざし~」
人には知られず努力する心。


水瓶座

「明眸皓歯~めいぼうこうし~」
ぱっちりした明るい瞳と真っ白に輝く歯の意。目元、口元の美しい美人の形容。


魚座

「無位無冠~むいむかん~」
重要な地位についていないこと。 類:無位無官。






11月10日のキーワード

...2007/11/10 01:14...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「明珠暗投~めいしゅあんとう~」
貴重なものでも、人に贈る方法が正しくなければ、かえって恨みを招く。


牡牛座

「迷惑千万~めいわくせんばん~」
非常に迷惑であること。


双子座

「滅私奉公~めっしほうこう~」
私心を捨て、国や社会のために尽くすこと。


蟹座

「明明白白~めいめいはくはく~」
はっきりしていて疑う余地のない様子。火を見るより明らか。


獅子座

「無用長物~むようのちょうぶつ~」
役に立たないじゃまもの。無駄なもの。


乙女座

「名山勝水~めいざんしょうすい~」
美しい山や川に恵まれた景勝の地、晋の孫統は職務に専念するより、中国各地の山や川を訪ね歩いたという故事による。


天秤座

「無理算段~むりさんだん~」
無理をしてお金を作ること。


蠍座

「冶金踊躍~やきんようやく~」
鍛冶屋の鋳る金鉄が、坩堝の中で跳ね返り、外に出ようとすること。分に安んじないたとえ。


射手座

「無明世界~むみょうせかい~」
煩悩にとらわれた迷いの世界の意。「無明」は、真理にくらい無知のことで、もっとも根本的な煩悩。


山羊座

「面目一新~めんもくいっしん~」
世間の評判が良くなるように、外見や内容を変化させる。改善されること。


水瓶座

「名聞利養~みょうもんりよう~」
世間の名声と利得。お金と地位に対する欲求。


魚座

「明窓浄机~めいそうじょうき~」
明るい窓と清潔な机。転じて、清潔で整頓された書斎のたたずまいをいう。






11月9日のキーワード

...2007/11/09 04:23...



ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「無明長夜~むみょうじょうや~」
煩悩にさまよって悟りを開けない状態のこと。無明を闇の長夜に例えていう語。


牡牛座

「無味無臭~むみむしゅう~」
味もにおいもない、つまり全く面白みがないこと。


双子座

「名公賢佐~めいこうけんさ~」
立派な君主と賢い家来。佐は補佐の臣。


蟹座

「明鏡止水~めいきょうしすい~」
一点の曇りもない鏡や静止している水のように、よこしまな心がなく明るく澄みきった心境を指す。


獅子座

「無理難題~むりなんだい~」
道理に合わないいいがかり。できないことがわかっている問題や、とうてい承服できない条件。


乙女座

「明哲保身~めいてつほしん~」
賢い人は物事の道理に従って行動し、危険を避けて安全な道を選び身を守るということ。


天秤座

「目食耳視~もくしょくじし~」
見榮を張るために外見を飾ること。


蠍座

「無理往生~むりおうじょう~」
無理矢理に従わせること。強制的に承知・服従させてしまうこと。


射手座

「満目蕭然~まんもくしょうぜん~」
見渡す限り物寂しくひっそりしていること。


山羊座

「面壁九年~めんぺきくねん~」
一つの目的に長い歳月をかけて心を傾けること。


水瓶座

「名詮自性~みょうせんじしょう~」
仏教で、名前はそのものの本性を言い表わすということ。名は体を表わす。


魚座

「銘肌鏤骨~めいきるこつ~」
肌にほりつけ、骨にちりばめる。心に覚えて忘れないこと。






11月8日のキーワード

...2007/11/08 09:48...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「無為無策~むいむさく~」
何の対処・処置もないまま、ただ手をこまねいて見ていること。なにもしないこと。


牡牛座

「無二無三~むにむさん~」
ひたすらなこと。わき目もふらないこと。


双子座

「無色透明~むしょくとうめい~」
透き通ってにごりがない、汚れていないこと。


蟹座

「矛盾撞着~むじゅんどうちゃく~」
物事の前後がくい違い、うまくつじつまが合わないこと。


獅子座

「無私無偏~むしむへん~」
人に接するに私心無く、公平で偏りがないこと。


乙女座

「無用之用~むようのよう~」
一見無用と見えるものがかえって大用をなすことがある。


天秤座

「無念無想~むねんむそう~」
いっさいの妄念を離れた無心のさま。あらゆる雑念がなくなり心が透明になるさま。仏教で無我の境地に入りすべての想念から離れること。


蠍座

「夢幻泡影~むげんほうえい~」
夢と幻と、泡と影。人生のはかなさを表わす語。


射手座

「麻姑掻痒~まこそうよう~」
物事が思いのままになること。


山羊座

「苗字帯刀~みょうじたいとう~」
江戸時代、家柄や功労によって平民が特に苗字をとなえ、帯刀を許されたこと。


水瓶座

「武者修行~むしゃしゅぎょう~」
武芸者が修行のため諸国をめぐること。


魚座

「無味乾燥~むみかんそう~」
味わいや面白みがないこと。味もそっけもないこと。






11月7日のキーワード

...2007/11/07 03:20...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「微塵粉灰~みじんこっぱい~」
こなごなになること。こっぱみじん。


牡牛座

「妙手回春~みょうしゅかいしゅん~」
手を触れれば春になるかのような、医師の凄い腕前をいう。敏腕の医師により、病気が良くなること。


双子座

「以水減火~みずをもってひをめつす~」
水をもって火を消すことは、いとたやすいように、物事が安易にできるたとえ。


蟹座

「以水救水~みずをもってみずをすくう~」
水をそそいで水をとめようとする。手段を誤って、勢いをとめようとして反って勢いづかせること。「救」はとめること。


獅子座

「妙計奇策~みょうけいきさく~」
誰もが想像できなかった優れたはかりごと。


乙女座

「無芸大食~むげいたいしょく~」
才能・特技などが何もなく、ただ大食をすること。そういう人。


天秤座

「無我夢中~むがむちゅう~」
物事に熱中して自分を忘れること。あることに心を奪われて夢中になり、他のことを一切気にかけないこと。


蠍座

「彌陀名号~みだのみょうごう~」
南無阿弥陀仏をいう。また、その六字。これを唱えると浄土へいくいう思想がある。


射手座

「無常迅速~むじょうじんそく~」
万物が転変してやまないこと。人の世の移り変わりの非常に速いこと。


山羊座

「以水投石~みずをもっていしにとうず~」
水を石にかけても、石が水をはね返すように、いかなる意見も全く受け入れてもらえぬこと。


水瓶座

「麻中之蓬~まちゅうのよもぎ~」
麻の生えている中に混じっているよもぎは自然にまっすぐに育つ。教育にはよい環境が必要だというたとえ。朱に交われば赤くなる。


魚座

「未練未酌~みれんみしゃく~」
相手の気持ちがくみ取れず、心残りであること。






11月6日のキーワード

...2007/11/06 04:35...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「満身創痍~まんしんそうい~」
からだ中が傷だらけの状態にあること。各方面から非難・中傷を受けて、精神的に痛めつけられているさま。


牡牛座

「磨励自彊~まれいじきょう~」
大いに修行して、みずから努めはげむ。


双子座

「無隅仔細~むぐうしさい~」
こまかいところまで落度なく振舞うこと。


蟹座

「漫言放語~まんげんほうご~」
深く考えず、思いついたまま口まかせに言い散らすこと。また、その言葉や話。


獅子座

「無為自然~むいしぜん~」
徳があれば教育しなくとも人は教化される。老子の主張する思想でことさらに法律で規制したり教育しなくても為政者の徳が高ければ人々は自然の本性に従って教化されてゆく。と言うこと。


乙女座

「曼理皓歯~まんりこうし~」
きめの美しい肌と白い歯。美人の形容。


天秤座

「蔓草寒煙~まんそうかんえん~」
はびこる草と寂しい煙と。古跡などの荒れたてたさま。


蠍座

「満目蕭条~まんもくしょうじょう~」
見渡す限り、ひっそりして物寂しいさま。


射手座

「三日天下~みっかてんか~」
明智光秀が本能寺で織田信長を倒してから、わずか十三日で秀吉に倒されたことから、権力や地位を得た期間のきわめて短いことをいう。


山羊座

「万能一心~まんのういっしん~」
たくさんの才能に恵まれていても、向上・努力する心がけがなければ、物事は成就しない。


水瓶座

「未来永劫~みらいえいごう~」
仏教で、今後いつまでも続く果てしない時間。永遠、永久。


魚座

「三日坊主~みっかぼうず~」
すぐに飽きてしまってなにをやっても長続きしないこと。






11月5日のキーワード

...2007/11/06 04:08...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「抱薪救火~ほうしんきゅうか~」
害悪を取り除こうとして、逆に助長してしまうこと。


牡牛座

「抱腹絶倒~ほうふくぜっとう~」
腹をかかえて大笑いする。


双子座

「暮雲落日~ぼうんらくじつ~」
国の衰退を悲しむ様子。暮雲」は夕暮れの雲「落日」は夕暮れの太陽。


蟹座

「望文生義~ぼうぶんせいぎ~」
文章を解釈するときに、一つ一つの字義をくわしく考えずに、前後の文脈から当て推量で解釈すること。


獅子座

「放蕩三昧~ほうとうざんまい~」
酒や女におぼれること。「放蕩」はほしいままにすること。「三昧」は仏教で邪念を捨てて精神を集中すること。転じて物事の極致に達すること。つまり、度が過ぎるほど気ままな生活をして酒や女におぼれること。


乙女座

「本末転倒~ほんまつてんとう~」
物事の重要なところと、そうでないところを逆に捉えたり、扱ったりすること。


天秤座

「末法思想~まっぽうしそう~」
末法の世には仏教が衰え世の中が乱れるという仏教思想。


蠍座

「満場一致~まんじょういっち~」
全員の意見が一つにまとまること。


射手座

「満城風雨~まんじょうふうう~」
町中全体に風雨が走る。事件などの噂が流れると、風雨に見舞われたように世間が騒ぎ出すこと。


山羊座

「磨斧作針~まふさくしん~」
どんな難しいことでも忍耐強く努力すれば、必ず成功するという意味。


水瓶座

「泡沫夢幻~ほうまつむげん~」
人生のはかなさをたとえていうことば。


魚座

「放辟邪侈~ほうへきじゃし~」
わがまま勝手な悪い行い。放はわがまま、辟はねじけて癖が悪いこと、邪はよこしま、侈はぜいたく。






11月5日のキーワード

...2007/11/06 04:08...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「抱薪救火~ほうしんきゅうか~」
害悪を取り除こうとして、逆に助長してしまうこと。


牡牛座

「抱腹絶倒~ほうふくぜっとう~」
腹をかかえて大笑いする。


双子座

「暮雲落日~ぼうんらくじつ~」
国の衰退を悲しむ様子。暮雲」は夕暮れの雲「落日」は夕暮れの太陽。


蟹座

「望文生義~ぼうぶんせいぎ~」
文章を解釈するときに、一つ一つの字義をくわしく考えずに、前後の文脈から当て推量で解釈すること。


獅子座

「放蕩三昧~ほうとうざんまい~」
酒や女におぼれること。「放蕩」はほしいままにすること。「三昧」は仏教で邪念を捨てて精神を集中すること。転じて物事の極致に達すること。つまり、度が過ぎるほど気ままな生活をして酒や女におぼれること。


乙女座

「本末転倒~ほんまつてんとう~」
物事の重要なところと、そうでないところを逆に捉えたり、扱ったりすること。


天秤座

「末法思想~まっぽうしそう~」
末法の世には仏教が衰え世の中が乱れるという仏教思想。


蠍座

「満場一致~まんじょういっち~」
全員の意見が一つにまとまること。


射手座

「満城風雨~まんじょうふうう~」
町中全体に風雨が走る。事件などの噂が流れると、風雨に見舞われたように世間が騒ぎ出すこと。


山羊座

「磨斧作針~まふさくしん~」
どんな難しいことでも忍耐強く努力すれば、必ず成功するという意味。


水瓶座

「泡沫夢幻~ほうまつむげん~」
人生のはかなさをたとえていうことば。


魚座

「放辟邪侈~ほうへきじゃし~」
わがまま勝手な悪い行い。放はわがまま、辟はねじけて癖が悪いこと、邪はよこしま、侈はぜいたく。






11月4日のキーワード

...2007/11/06 03:42...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「蒲柳之質~ほりゅうのしつ~」
カワヤナギの葉は秋にいちばん早く落ちるところから、年よりも早く老けてしまう体質のこと。また、体質の非常に弱いことのたとえ。


牡牛座

「本然之性~ほんねんのせい~」
天然自然のままの性質。本来の性質。生れつき。


双子座

「蓬頭垢面~ほうとうこうめん~」
髪の乱れた頭と垢のついた顔。外見を気にかけない無頓着なようす。


蟹座

「片言隻句~へんげんせきく~」
ちょっとした短い言葉の意。ひとことふたこと。「片言」は簡単な言葉。ちょっとした言葉。「隻句」は、わずかなことば。=片言隻語。「へんげんせっく」とも読む。


獅子座

「飽食終日~ほうしょくしゅうじつ~」
一日中食べるだけで仕事もせず過ごす。腹いっぱい食うことだけで一日をむなしく終えてしまうということ。


乙女座

「没分暁漢~ぼつぶんぎょうかん~」
物の道理の判らない人。判らず屋。


天秤座

「煩悩具足~ぼんのうぐそく~」
欲望の鎧をつけた(人間)という意味 。


蠍座

「暮雲春樹~ぼうんしゅんじゅ~」
遠く離れている友を思う情をいう。


射手座

「保守退嬰~ほしゅたいえい~」
旧習を守って、新しいことには尻込みすること。


山羊座

「真一文字~まいちもんじ~」
一の字のようにまっすぐなさま。一直線。わき目も振らないさま。


水瓶座

「木人石心~ぼくじんせきしん~」
木の身体に石の心。感情のまるでない人。


魚座

「亡羊之歎~ぼうようのたん~」
選択肢が多く、選ぶのに迷うこと。











CALENDER
10 ⇔ 2007/11 ⇔ 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。