毎日の星占いを見ながら、四字熟語のポテンシャルを高めよう!
☆☆☆FC2ブログランキング☆☆☆

FC2ブログランキング

プロフィール

暦りりす

Author:暦りりす
暦りりすのブログへようこそv
12星座別の星占いを、四字熟語に例えて占います!
毎日更新しますので、まめにチェックしてみてくださいね。スポンサー歓迎します!!
リンクフリーです。ご自由にご活用ください☆☆

オススメ
オススメ
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
オススメ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



9月30日のキーワード

...2007/09/30 02:23...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「盗人上戸~ぬすびとじょうご~」
甘い物、お酒のどちらもいける「両刀使い」のこと。いくら酒を飲んでもケロリとしていて顔に出ない人のことも指す。


牡牛座

「難中之難~なんちゅうのなん~」
難しいことの中でも難しいこと。最も難しいこと。至難。


双子座

「南柯之夢~なんかのゆめ~」
人生がはかなく、空しいことのたとえ。


蟹座

「人間模様~にんげんもよう~」
人間の織り成す様々な人生の様相。


獅子座

「南橘北枳~なんきつほっき~」
江南の橘を江北に移植すると枳殻に変わる。人もその居所によって善にも悪にもなることのたとえ。


乙女座

「南無三宝~なむさんぽう~」
仏・法・僧の三宝に帰依すること。失敗したときに発する語。


天秤座

「南山之寿~なんざんのじゅ~」
終南山が崩れないのと同じで、その人の事業の長く久しいこと。転じて、長寿を祝う言葉。


蠍座

「内柔外剛~ないじゅうがいごう~」
内心は弱々しいのに外見は強そうに見えること。本当は気が弱いのに外に現れた態度だけ強そうに見せること。


射手座

「難問奇問~なんもんきもん~」
難しい質問や問題、とっぴな質問のこと。


山羊座

「日新月盛~にっしんげっせい~」
日に日に新しい物ができ、月を追って盛んになること。


水瓶座

「難解難入~なんかいなんにゅう~」
法華の法理のように理解しにくく、悟りに入りにくいこと。


魚座

「日進月歩~にっしんげっぽ~」
日に、月に、絶え間なく進歩すること。絶えず進歩し、発展すること。


スポンサーサイト




9月29日のキーワード

...2007/09/30 01:59...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「二束三文~にそくさんもん~」
数が多くても値段が大変安いこと(もの)。「二束」は、「二足」とも書く。


牡牛座

「奴顔婢膝~どがんひしつ~」
卑屈な態度をとること。奴は下男、婢は下女。


双子座

「読書亡羊~どくしょぼうよう~」
他のことに心を奪われ大切なことを忘れること。


蟹座

「図南鵬翼~となんのほうよく~」
大志を抱いて大事業を計画すること。「図南」は南方に向かって飛び立とうとする意。「鵬翼」は大きな鳥の翼。よって大きな鳥が南方にはばたくこと。


獅子座

「二律背反~にりつはいはん~」
互いに対立、または矛盾する二つの命題が、同等の権利をもって主張されること。


乙女座

「独立独行~どくりつどっこう~」
人に頼らず自分で自分の信じるところを行なう。


天秤座

「内的生活~ないてきせいかつ~」
精神生活。


蠍座

「螳螂之力~とうろうのちから~」
かまきりの力。微弱な力。取るに足りない自分の力を顧みず、大事にあたること。


射手座

「独立不撓~どくりつふとう~」
自分の力だけでやり抜くこと。「不撓」は、困難に負けないさま。どのような困難に遭遇しても屈することなく自分の力で自分の意志によって、目標を達成するさま。


山羊座

「呑舟乃魚~どんしゅうのうお~」
舟を丸呑みにするほどの大魚。善・悪ともに大人物のたとえ。


水瓶座

「土崩瓦解~どほうがかい~」
土がくずれ瓦が崩れ落ちる。物事が崩れて手のつけようがないこと。


魚座

「南行北走~なんこうほくそう~」
あちこち忙しく駆けまわる。






9月28日のキーワード

...2007/09/28 03:20...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「独立自尊~どくりつじそん~」
自分自身に誇りを持つこと。何事も自力で行い、他の援助を受けないこと。


牡牛座

「敦厚周慎~とんこうしゅうしん~」
人情があつく慎み深い。


双子座

「党利党略~とうりとうりゃく~」
党としての利益とそのためのはかりごと。


蟹座

「棟梁之器~とうりょうのき~」
重任にたえうる人材。大事に任じる人材。


獅子座

「読書百遍~どくしょひゃっぺん~」
何度も繰り返して書物を読めば、意味は自然にわかるようになる。何度もていねいにゆっくり読むべきことをいう。読書百篇


乙女座

「内清外濁~ないせいがいだく~」
「内は清く、外は濁る」。心中、高潔を保っていても、表面は濁り汚れた様子に見せかけ、今の俗世間と妥協してゆくこと。 転じて乱世の時代に危険をさけ、身を全うする処世術をいう。


天秤座

「独鈷鎌首~とっこかまくび~」
議論好きの歌人のこと。左大将家の六百番歌合のとき、顕昭が独鈷を持ち、寂蓮が鎌のように首をもたげて激しく議論したのを、殿中の女房たちがもてはやした言葉。


蠍座

「頓証仏果~とんしょうぶっか~」
ある機会に出会って、にわかに真理をさとって仏果(菩提)を得ること。


射手座

「得意満面~とくいまんめん~」
誇らし気なようすが顔じゅうに満ちていること。


山羊座

「内政干渉~ないせいかんしょう~」
他国の政治、外交に口だしをすること。


水瓶座

「特立之士~とくりつのし~」
世俗の外にぬきんでて立派な人。


魚座

「肉山脯林~にくざんほりん~」
肉が山のように、干し肉が林のように多いの意味。贅沢な宴会をいう。






9月27日のキーワード

...2007/09/27 01:54...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「特筆大書~とくひつたいしょ~」
特に大きく書く、特に強調すること。


牡牛座

「曇華一現~どんげいちげん~」
めったにみれないこと(三千年に一度咲く優曇華の花)


双子座

「同袍同沢~どうほうどうたく~」
戦友。親しい友達。衣服を共通にし、苦しみをともにするの意味。沢ははだぬぎ。


蟹座

「得意淡然~とくいたんぜん~」
得意な局面でも淡々とごく自然であれ、の意。


獅子座

「吐故納新~とこのうしん~」
古いものを排除し、新しいものを取り入れること。


乙女座

「内外之分~ないがいのぶん~」
内と外の区別。自分とともにあるものと外にあるものの別。


天秤座

「蟷螂之斧~とうろうのおの~」
弱いものが強いものに挑むこと。


蠍座

「屠竜之技~とりゅうのぎ~」
竜を屠る技の意味。どんなに巧みでも実用の役に立たない技術。


射手座

「独立独歩~どくりつどっぽ~」
他人にたよらず、自分で自分の考えを実行する。


山羊座

「内助之功~ないじょのこう~」
夫が外で十分働けるよう家で支援する妻の働き。


水瓶座

「読書尚友~どくしょしょうゆう~」
書物を通じて昔の賢人に親しむこと。


魚座

「斗量帚掃~とりょうそうそう~」
ますで量り、箒で掃き捨てるほど物がたくさんあること。






9月26日のキーワード

...2007/09/26 02:17...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「咄咄怪事~とっとつかいじ~」
驚くべき奇怪な事。


牡牛座

「党同伐異~とうどういばつ~」
善悪・理非は別として、仲間同士が助け合い、他の者を排斥し、責め立てる。


双子座

「天歩艱難~てんぽかんなん~」
天運が開けず、時勢が難しいこと。


蟹座

「読書三余~どくしょざんよ~」
冬と夜と長い雨の、三つの余暇は、読書をするのにちょうどよい折りであるのをいう。


獅子座

「突然変異~とつぜんへんい~」
突如として親と違うものに変わる現象のこと。


乙女座

「天罰覿面~てんばつてきめん~」
天の下す罰がたちどころに現れること。悪事のむくいが自然に与えられること。


天秤座

「同盟罷業~どうめいひぎょう~」
労働条件の改善などの要求を通すために、集団的に全員が作業をやめること。ストライキ。


蠍座

「徒手空拳~としゅくうけん~」
手に何も持たないこと。事を始めるのに資金や地位などがまったくなく、自分の力だけがたよりであること。


射手座

「天変地異~てんぺんちい~」
天上界に現われる異変と、地上に起こる異変。天地自然の中で起こる異変・災害。


山羊座

「読書三到~どくしょさんとう~」
読書の三つの心構え。心到、眼到、口到。集中し、眼をそらさず、声に出して読む。


水瓶座

「斗斛之禄~とこくのろく~」
僅かばかりの俸禄。薄給。


魚座

「塗炭之苦~とたんのくるしみ~」
泥にまみれ、炭で焼かれたような苦しみ。






9月25日のキーワード

...2007/09/26 01:33...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「駑馬十駕~どばじゅうが~」
才能は劣っていても努力次第で追いつくことができる


牡牛座

「朝蝿暮蚊~ちょうようぼぶん~」
つまらない人間が集まってきて困ることのたとえ。朝には蠅が、夕暮れには蚊が飛び集まり、こうるさくてかなわないが、さりとておっぱらうこともできないことから。


双子座

「訥言敏行~とつげんびんこう~」
言を慎み、実行に努めること。


蟹座

「独学孤陋~どくがくころう~」
先生や友人のいない独学者は見聞が狭いので、その学問は独り合点のところが多く、見識が狭いこと。


獅子座

「天網恢恢~てんもうかいかい~」
天の網は大きすぎて目があらいようだが、物をすくい漏らすことはない。悪事をすれば必ず天罰を受ける意。「~~疎にして漏らさず」


乙女座

「東来西走~とうらいせいそう~」
東から来て西へ去るの意で定めのないことをいう。


天秤座

「特権階級~とっけんかいきゅう~」
特別の権利や権限で優遇される階級。


蠍座

「特立独行~とくりつどっこう~」
自ら信じる所を守り、世俗の外にぬきんでて立ち、初志を貫徹すること。


射手座

「兎走烏飛~とそううひ~」
月日が過ぎ去るのが速いことの形容。兎は月、烏は日。


山羊座

「時世時節~ときよじせつ~」
その時々のめぐりあわせ。その時々の移り変わり。


水瓶座

「土階茅茨~どかいぼうし~」
土の階段と、端を切りそろえない茅葺きの屋根。質素なさま。


魚座

「斗折蛇行~とせつだこう~」
「斗折」は北斗七星のように折れ曲がること。「蛇行」は蛇のようにくねくねと曲がる川や道が折れ曲っている様想をいう。






9月24日のキーワード

...2007/09/24 03:39...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「当代随一~とうだいずいいち~」
現代でもっともすぐれた第一人者のこと。


牡牛座

「土牛木馬~どぎゅうもくば~」
土製の牛と木製の馬との意味で、見かけは良いが内容のないもののたとえ。家柄だけで才能のない人。


双子座

「当代無双~とうだいむそう~」
この時代に並ぶ者がいない第一等の人。


蟹座

「天之暦数~てんのれきすう~」
天子の位を受け継ぐ順序。そのめぐり合わせ。


獅子座

「同床異夢~どうしょういむ~」
同じ床に寝ていながら、違う夢をみるように、いっしょに仕事をして意見が一致しないこと。


乙女座

「螳螂之衛~とうろうのえい~」
微弱な兵備。


天秤座

「動天驚地~どうてんきょうち~」
天を動かし地を驚かすの意から、世間を驚かすことをいう。


蠍座

「十日之菊~とおかのきく~」
九月九日の菊の節句の翌日の菊。機会を失ったたとえ。


射手座

「当意即妙~とういそくみょう~」
その場にふさわしい当座の機転をきかせること。その場の雰囲気に合わせて、すぐさま気のきいた言動をすること。


山羊座

「独立自営~どくりつじえい~」
人に頼らず自分自身の力で事業を営む。


水瓶座

「独断専行~どくだんせんこう~」
他人に相談しないで勝手に決め、物事を行うこと。


魚座

「兎角龜毛~とかくきもう~」
うさぎの角と亀の毛。ともにこの世に無いもののたとえ。






9月23日のキーワード

...2007/09/23 10:36...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「闘志満満~とうしまんまん~」
闘争心の旺盛なこと。「満満」は、満ちていることで、戦おうとする意志がみなぎっていること。


牡牛座

「桃李成蹊~とうりせいけい~」
立派な人物は自ら求めなくてもその徳をしたって自然に人々が集まってくるたとえ。桃や李(すもも)は、何も言わないが花や実にひかれて自然に人々が集まるので木の下にはいつの間にか小道が出来てしまうという意。


双子座

「電光石火~でんこうせっか~」
行動などが非常に速いことのたとえ。石を打ち合わせてでる火のような、ちょっと光る瞬間。


蟹座

「天長地久~てんちょうちきゅう~」
天地は永久に尽きることがない。


獅子座

「鉄石心腸~てっせきしんちょう~」
鉄石のようにきわめて堅固な精神。


乙女座

「頭童歯豁~とうどうしかつ~」
頭ははげ、歯は落ちてまばらになる。老人のありさま。


天秤座

「天真爛漫~てんしんらんまん~」
自然のままで飾り気がなく、偽りのないさま。ありのままの真情が言動に現われること。


蠍座

「冬扇夏炉~とうせんかろ~」
冬の扇と夏の火鉢。時節に合わないで不用になったもののたとえ。


射手座

「甜言蜜語~てんげんみつご~」
うまい言葉。聞いて快い言葉。


山羊座

「土階三等~どかいさんとう~」
家の入口の土の階段がわずか三段しかないことで、昔の家の質素なさま。


水瓶座

「倒行逆施~とうこうぎゃくし~」
道理に逆らって事を行う。無理を押し通す。


魚座

「東山高臥~とうざんこうが~」
俗塵を避けて山中に隠れ住むこと。






9月22日のキーワード

...2007/09/22 02:10...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「同功一体~どうこういったい~」
功績も地位も同じなこと。


牡牛座

「堂塔伽藍~どうとうがらん~」
寺院の建物の総称。


双子座

「天地悠久~てんちゆうきゅう~」
天地は永久に尽きることがない。


蟹座

「天涯地角~てんがいちかく~」
天の果てと地の隅、遠く離れていることのたとえ。


獅子座

「同文同軌~どうぶんどうき~」
各国の文字が同じで、車の製法も同じであること。天下が統一されて一人の君主に従うこと。


乙女座

「東奔西走~とうほんせいそう~」
東西に奔走する。あちらこちらに、なにかと忙しく駆け回ること。


天秤座

「道謀是用~どうぼうぜよう~」
道に沿って家を建てて、道行く人に相談すれば、人それぞれの考えを述べるから、意見は一致しない。ましていちいちそれを取り上げていたのでは、家はいつまでも完成しない。一定の見識ももたず、他人の言うことを重く用いる者は、結局、仕事をまとめることができないことのたとえ。


蠍座

「道聴塗説~どうちょうとせつ~」
路上で聞いて、すぐ路上で話す意。いい加減なうわさ。受け売りのこと。


射手座

「同舟而済~どうしゅうわたる~」
「舟を同じうして済(わた)る」とも読み、同じ舟に乗って川を渡る。利害が共通する者は互いに助け合うたとえ。 「済」は渡るという意味。


山羊座

「道徳之符~どうとくのふ~」
道を行なって得た自然の結果。


水瓶座

「鉄腸石心~てっちょうせきしん~」
鉄石のようにきわめて堅固な精神。


魚座

「同病相憐~どうびょうそうりん~」
同じ苦しみに悩む者は、互いにいたわり合い同情し合う気持ちが強い。どうびょうあいあわれむ。






9月22日のキーワード

...2007/09/22 02:09...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「同功一体~どうこういったい~」
功績も地位も同じなこと。


牡牛座

「堂塔伽藍~どうとうがらん~」
寺院の建物の総称。


双子座

「天地悠久~てんちゆうきゅう~」
天地は永久に尽きることがない。


蟹座

「天涯地角~てんがいちかく~」
天の果てと地の隅、遠く離れていることのたとえ。


獅子座

「同文同軌~どうぶんどうき~」
各国の文字が同じで、車の製法も同じであること。天下が統一されて一人の君主に従うこと。


乙女座

「東奔西走~とうほんせいそう~」
東西に奔走する。あちらこちらに、なにかと忙しく駆け回ること。


天秤座

「道謀是用~どうぼうぜよう~」
道に沿って家を建てて、道行く人に相談すれば、人それぞれの考えを述べるから、意見は一致しない。ましていちいちそれを取り上げていたのでは、家はいつまでも完成しない。一定の見識ももたず、他人の言うことを重く用いる者は、結局、仕事をまとめることができないことのたとえ。


蠍座

「道聴塗説~どうちょうとせつ~」
路上で聞いて、すぐ路上で話す意。いい加減なうわさ。受け売りのこと。


射手座

「同舟而済~どうしゅうわたる~」
「舟を同じうして済(わた)る」とも読み、同じ舟に乗って川を渡る。利害が共通する者は互いに助け合うたとえ。 「済」は渡るという意味。


山羊座

「道徳之符~どうとくのふ~」
道を行なって得た自然の結果。


水瓶座

「鉄腸石心~てっちょうせきしん~」
鉄石のようにきわめて堅固な精神。


魚座

「同病相憐~どうびょうそうりん~」
同じ苦しみに悩む者は、互いにいたわり合い同情し合う気持ちが強い。どうびょうあいあわれむ。






9月21日のキーワード

...2007/09/21 01:25...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「董狐之筆~とうこのふで~」
権勢を恐れず、ありのままを書いて歴史に残すこと。董狐は晉の史官で、趙宣子がその主君の霊公を殺したことを当時の歴史に直筆した人。


牡牛座

「椽大之筆~てんだいのふで~」
垂木のような大きな筆。大論文。立派な文章。他人の文章をいう。


双子座

「痛楚号泣~つうそごうきゅう~」
痛々しい目にあって泣き叫ぶこと。楚は、いたむ。


蟹座

「童牛角馬~どうぎゅうかくば~」
物事のありのままの姿に反していることのたとえとして用いる。


獅子座

「同工異曲~どうこういきょく~」
こしらえや手際が同じで、趣が違う。見かけは違うように見えるが内容は同じである。


乙女座

「桃三李四~とうさんりし~」
物事を完成するには年月を要。


天秤座

「天造草昧~てんぞうそうまい~」
天運がまだ開けず、物事が乱れていて秩序がないこと。


蠍座

「同声異俗~どうせいいぞく~」
人は生まれたときは泣き声も同じで変わらないが、成長するに従い、言語・風俗・習慣が違うようになる。人の本性はもと同一だが、教育によって善悪の差ができることのたとえ。


射手座

「陶犬瓦鶏~とうけんがけい~」
やきものの犬と素焼きの鶏。転じて、ただ形や外見のみがすぐれ、役に立たないもののたとえ。


山羊座

「同文同種~どうぶんどうしゅ~」
使用する文字が同じく、人種も同じであること。日中関係や南北朝鮮の関係に使う。


水瓶座

「天涯孤独~てんがいこどく~」
身寄りがこの世にひとりもいないこと。また異郷にただ独りで暮らすこと。


魚座

「道側奇宝~どうそくきほう~」
道端に捨てられている珍しい宝物の意で、世間に埋もれている賢者のたとえ。






9月20日のキーワード

...2007/09/21 00:00...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「天地神明~てんちしんめい~」
天地の神々。「天地神明に誓って」の形で用いられることが多い。


牡牛座

「天神地祇~てんしんちぎ~」
天の神と地の神。すべての神々


双子座

「電光朝露~でんこうちょうろ~」
電光も朝露もきわめて時間の短いもの。人生のはかないことのたとえ。


蟹座

「輾転反側~てんてんはんそく~」
度々寝返りを打つさま。思い悩んで眠れないことのたとえ。


獅子座

「天府之土~てんぷのど~」
産物が豊かで、自然の宝庫となっている地。


乙女座

「天佑神助~てんゆうしんじょ~」
天の助け、神の加護。思いがけない偶然によって助かることのたとえ。


天秤座

「天地無用~てんちむよう~」
「(荷物、貨物などを)さかさまにするな」という意味の注意を与える言葉。


蠍座

「吐握之労~とあくのろう~」
賢人を得ようと努力するさま。


射手座

「天然自然~てんねんしぜん~」
あるがままに、人の手が加わらないで存在する状態。


山羊座

「恬淡虚無~てんたんきょむ~」
すべて、世間のうるさいことを捨てて、心を無我の境地に置く。老子の学説。


水瓶座

「天涯放浪~てんがいほうろう~」
遠く故郷を離れて、当てもなくさ迷い歩くこと。


魚座

「転迷解悟~てんめいかいご~」
迷いを転じて、悟りを開く。






9月19日のキーワード

...2007/09/19 23:39...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「追根究底~ついこんきゅうてい~」
事の本質・真相を徹底的に究明すること。根底を追及する。


牡牛座

「天地開闢~てんちかいびゃく~」
天地の開け初め。天地発生のとき。


双子座

「手前勝手~てまえがって~」
自分につごうのいいようにばかりふるまうこと。


蟹座

「天下一枚~てんかいちまい~」
天下すべてが一様であること。世間一般に共通であること。


獅子座

「沈魚落雁~ちんぎょらくがん~」
魚や鳥も恥じてかくれるほどの美貌を持った、容姿の美しい女性を形容する語。


乙女座

「天淵之差~てんえんのさ~」
物事の差がはなはだしいこと。天とふちほどの差。


天秤座

「天下一品~てんかいっぴん~」
他に比べるものがないほどすぐれていること(もの)。


蠍座

「天之美禄~てんのびろく~」
酒のこと。天が与えた見事な賜物の意味。


射手座

「天空海濶~てんくうかいかつ~」
大空にさえぎるものがなく、海が広々と果てしなく大きいこと。度量が大きく包容力に富む。


山羊座

「天日之表~てんじつのひょう~」
万物を照らす太陽のように慈悲深い人相。


水瓶座

「天下無敵~てんかむてき~」
世の中に並び比べる者がいないほど、強いこと。


魚座

「珍事中夭~ちんじちゅうよう~」
思いがけなく降りかかってきた災難。思いがけない珍奇なこと。






9月18日のキーワード

...2007/09/18 23:20...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「天衣無縫~てんいむほう~」
文章や詩歌などが自然な出来栄えで技巧をこらした跡がなく、完璧に美しいことをいう。また、人柄などが無邪気で素直なさま。


牡牛座

「適者生存~てきしゃせいぞん~」
生存競争の結果、その環境に適するものだけが生き残り、他は滅びること。


双子座

「徹底抗戦~てっていこうせん~」
相手にとことん手向かって戦うこと。


蟹座

「適材適所~てきざいてきしょ~」
ある事柄に適した才能を持つ者を、それに適した地位・任務につけること。


獅子座

「沈着大胆~ちんちゃくだいたん~」
腹のすわった性格。


乙女座

「轍鮒之急~てっぷのきゅう~」
人が急場の難儀にあうことのたとえ。車のわだちの跡にたまった水の中で鮒があえいでいるような、さしせまった困窮をいう。


天秤座

「直言直筆~ちょくげんじきひつ~」
遠慮なく言い、ありのままに書くこと。


蠍座

「珍味佳肴~ちんみかこう~」
珍しい食べ物とよい酒の肴。たいそうな御馳走をいう。珍膳。


射手座

「陳勝呉広~ちんしょうごこう~」
陳勝と呉広はともに奏に背いて最初に兵を挙げた。それをみて兵を挙げる者が相次ぎ奏は滅亡した。そこから、物事のさきがけをする者、物事の主唱者のことをいう。


山羊座

「天災地変~てんさいちへん~」
自然界に起こるさまざまな災害や異変。地震、台風、落雷、洪水など。


水瓶座

「天下泰平~てんかたいへい~」
世の中が極めて穏やかに治まっていて平和であること。安穏無事でのんびりしているさま。


魚座

「天威咫尺~てんいしせき~」
天子の側に仕える事。咫尺は近い意味。






9月17日のキーワード

...2007/09/17 01:18...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「手練手管~てれんてくだ~」
人をだます手段。「手練」も「手管」もともに人を操る駆け引きの手際、技巧。同義語を重ねて意味を強めたもの。


牡牛座

「低頭平身~ていとうへいしん~」
頭を下げ身を伏せてあやまること。


双子座

「丁稚奉公~でっちぼうこう~」
少年が一定期間、雑役で奉公すること。


蟹座

「天下無双~てんかむそう~」
天下に比べるものがない。


獅子座

「手枷足枷~てかせあしかせ~」
自由な行動を束縛するもの。


乙女座

「天涯比隣~てんがいひりん~」
遠く離れていても心は近くにいるような親しい気持ち。


天秤座

「天井桟敷~てんじょうさじき~」
劇場などで、二階もしくは三階などの天井に近く、一番後方にこしらえてある見物席で、下等席。


蠍座

「敵国外患~てきこくがいかん~」
外にあって自国に害をなすもの。


射手座

「田園詩人~でんえんしじん~」
田園に住み、田園の自然美をうたう詩人。


山羊座

「徹頭徹尾~てっとうてつび~」
始めから終わりまで。一つの考えや方針などを、徹底してあくまでも貫くさま。


水瓶座

「手前味噌~てまえみそ~」
自分で自分の作ったものをほめること。


魚座

「天下模楷~てんかのもかい~」
天下の模範。世の手本。






9月16日のキーワード

...2007/09/16 03:13...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「徹底大悟~てっていたいご~」
学問の奥義に達して、深く悟る。


牡牛座

「跳梁跋扈~ちょうりょうばっこ~」
悪人などが権勢をほしいままにして、わがままにのさばること。


双子座

「朝令暮改~ちょうれいぼかい~」
朝出した命令を夕方にはもう改めるというように、法律や命令が頻繁に変えられて、一定しないこと。


蟹座

「鉄中錚錚~てっちゅうのそうそう~」
多くの鉄の中でよい音がするもの。凡人より少しすぐれた者にたとえる。


獅子座

「樗櫟之材~ちょれきのざい~」
樗・櫟ともに役に立たない木。転じて、無用の人。無用の長物。また、自己をへりくだっていう言葉。


乙女座

「庭訓三月~ていくんさんがつ~」
学問をしても、すぐに飽きて長続きしないことのたとえ。(= 三月庭訓)


天秤座

「低頭傾首~ていとうけいしゅ~」
頭を下げる。うなだれる。謹慎のさま。


蠍座

「直情径行~ちょくじょうけいこう~」
自分の思うままに行動して相手の立場を思いやらないこと。礼儀知らず。


射手座

「泥首銜玉~でいしゅかんぎょく~」
頭を泥土につけ、口に玉をふくむ。謝罪降伏するときの様子。


山羊座

「停雲落月~ていうんらくげつ~」
親友を思うたとえ。


水瓶座

「治乱興亡~ちらんこうぼう~」
歴史は治まったり、乱れたりが次々と繰り返されるという。


魚座

「鉄心石腸~てっしんせきちょう~」
鉄や石のように堅固な精神、強い意志のたとえ。どんなことにも動じない心。






9月15日のキーワード

...2007/09/15 01:15...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「亭主関白~ていしゅかんぱく~」
家庭の中で夫が妻に支配者のように威張っていること。


牡牛座

「頂門金椎~ちょうもんきんつい~」
頭上を鉄のつちで打つの意味。痛切な戒めを与えること。


双子座

「中肉中背~ちゅうにくちゅうぜい~」
ふとりすぎもやせすぎもしないこと。


蟹座

「重見天日~ちょうけんてんじつ~」
暗く苦しい状況から解放されて以前の明るい状態に戻ること。


獅子座

「彫残零落~ちょうざんれいらく~」
草木がしぼむこと。


乙女座

「痛定思痛~つうていしつう~」
痛みがおさまってから、その痛みを振り返える。失敗を反省し、今後に備える。


天秤座

「低唱浅斟~ていしょうせんしん~」
小声で歌い、あっさりと酒を飲む。


蠍座

「猪突猛進~ちょとつもうしん~」
猪のように激しい勢いで突進する。融通がきかない人が向こうみずに事を進めることをいう。


射手座

「低徊趣味~ていかいしゅみ~」
世俗を離れて自然や芸術を楽しむ趣味。


山羊座

「長幼之序~ちょうようのじょ~」
年長者と年少者の、家庭及び社会上における位置の順序。


水瓶座

「泥中之蓮~でいちゅうのはす~」
悪い環境に染まらず清く生きることのたとえ


魚座

「津津浦浦~つつうらうら~」
いたるところの港や海岸。全国くまなくいたる所の意味。






9月14日のキーワード

...2007/09/14 03:59...


ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「頂門一針~ちょうもんのいっしん~」
相手の痛いところをついた一言。


牡牛座

「中産階級~ちゅうさんかいきゅう~」
中間層を階級としていった言葉。社会成層の資本家階級と労働者階級との中間に位置する階層。


双子座

「直截簡明~ちょくせつかんめい~」
見たり感じたりしたことをきっぱりと言い切ること。


蟹座

「地霊人傑~ちれいじんけつ~」
土地柄が優れ、そこに住む人物もひときわ優れている。


獅子座

「喋喋喃喃~ちょうちょうなんなん~」
小声で楽しそうに話し合うさま。男女がむつまじげに親しく語り合うさま。


乙女座

「通功易事~つうこうえきじ~」
品物を互いに流通させて、分業の成果を上げること。


天秤座

「棣鄂之情~ていがくのじょう~」
にわざくらの花は幾つも集まり、外観が非常に美しいので、兄弟相和し、愛情の美しさが外に現れることにたとえる。


蠍座

「沈思黙考~ちんしもっこう~」
思いに沈み、黙って考えこむ。思案にふけること。


射手座

「痛快無比~つうかいむひ~」
このうえなく胸がすうっとするように、愉快になること。


山羊座

「昼夜兼行~ちゅうやけんこう~」
非常に急ぐさま。昼も夜も休まず続行すること。転じて、仕事を急ぎ行うことにもいう。


水瓶座

「長目飛耳~ちょうもくひじ~」
見聞が遠くに及ぶこと。書物のことをいう。


魚座

「追善供養~ついぜんくよう~」
死者の年忌などに法事を営み、故人の善行を供養すること。






9月13日のキーワード

...2007/09/13 02:48...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「中原之鹿~ちゅうげんのしか~」
中原は天下、鹿は帝位にたとえたもので、群雄が天下を争うことを、狩の競争にたとえた言葉。


牡牛座

「忠魂義胆~ちゅうこんぎたん~」
忠義でかたまった魂。


双子座

「寵愛一身~ちょうあいいっしん~」
高貴な人の愛を独占すること。


蟹座

「忠孝両全~ちゅうこうりょうぜん~」
忠義と孝行の両方とも全うする。


獅子座

「雕虫小技~ちょうちゅうのしょうぎ~」
虫の形や篆書を彫刻するように、文章の字句を深く豊かに飾ること。また、文を工夫するあまり、字句ばかり飾る小刀細工。


乙女座

「沈着冷静~ちんちゃくれいせい~」
落ち着いていて物事に動ぜず冷静であること。


天秤座

「直往邁進~ちょくおうまいしん~」
ためらわずに、まっすぐ進こと。


蠍座

「重門撃柝~ちょうもんげきたく~」
門を幾重にも重ね設け、拍子木を打って警戒すること。


射手座

「知音女房~ちいんにょうぼう~」
なじんだ妻。恋女房。心の通じあった親友。


山羊座

「忠臣義士~ちゅうしんぎし~」
忠義な家来と正道を守る人。


水瓶座

「知勇兼備~ちゆうけんび~」
知恵と勇気を併せ持っていること。


魚座

「朝聞夕死~ちょうぶんせきし~」
朝に人としての道を聞いたら、その夕方に死んでも悔いはない。






9月12日のキーワード

...2007/09/12 03:33...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「中途半端~ちゅうとはんぱ~」
途中までしかできあがってない様子。


牡牛座

「朝聞夕改~ちょうぶんせきかい~」
朝に自分の過ちを聞けば、夕に改める。物事を改めるのが素早いこと。


双子座

「断腸之思~だんちょうのおもい~」
はらわたがちぎれるの意。はなはだしく悲しみ苦しむこと。また、そのような悲しみや苦しみ。


蟹座

「彫虫篆刻~ちょうちゅうてんこく~」
虫を彫ったり篆書を刻んだりするように、文章で字句ばかり飾ることをいう。小刀細工。


獅子座

「箪食瓢飲~たんしひょういん~」
竹の器に盛った飯と、ひさごに入れた飲み物。貧しく質素な生活に安んじること。


乙女座

「弾丸雨注~だんがんうちゅう~」
雨のように降り注ぐ弾丸。弾丸が激しく飛んでくることのたとえ。


天秤座

「池魚籠鳥~ちぎょろうちょう~」
不自由な身の上のこと。池の魚と籠の鳥。身体が束縛されて自由でないたとえ。


蠍座

「稠人広衆~ちょうじんこうしゅう~」
多人数の集まり。


射手座

「中流砥柱~ちゅうりゅうしちゅう~」
黄河の中にある柱状の石のことで、砥石のように滑らかで、激流の中で不動のまま立っている。乱世に身を処するに毅然として節義を守ることのたとえ。


山羊座

「丁丁発止~ちょうちょうはっし~」
はげしく議論をたたかわす様子。


水瓶座

「朝開暮落~ちょうかいぼらく~」
朝に開いた花が夕方にはもう花弁を散らすという意から、人の命のはかないことのたとえ。


魚座

「朝憲紊乱~ちょうけんびんらん~」
合法的な手段によらずに、政府の転覆など、国家存在の基本的組織を破壊すること。暴力革命のこと。






9月11日のキーワード

...2007/09/11 03:24...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「柱石之寄~ちゅうせきのき~」
重い役目。


牡牛座

「朝歌夜弦~ちょうかやげん~」
朝夜の別なく音楽を奏でること。


双子座

「中道而廃~ちゅうどうじはい~」
「中道にして廃す」とも読む。物事を途中でやめること。


蟹座

「断章取義~だんしょうしゅぎ~」
原文の意味に関係なく、自分の言に適する部分だけを取って自由に解釈する。


獅子座

「貪夫徇財~たんぷじゅんざい~」
欲深い人間は、金のためなら身の危険など顧みず何でもしてしまうこと。


乙女座

「多事多難~たじたなん~」
事件や災難が多いこと。


天秤座

「打草驚蛇~だそうきょうだ~」
「やぶへび」のこと。転じて、策略が事前に漏れ、敵に準備されてしまうたとえ。


蠍座

「竹馬之友~ちくばのとも~」
幼年時代に竹馬で遊び合った仲のよい友人。幼児からの親しい友。


射手座

「中原逐鹿~ちゅうげんちくろく~」
帝王の位を得ようと争うこと。転じて、互いに競争してある地位や目的物などを得ようとすること。


山羊座

「知者一失~ちしゃのいっしつ~」
知者も時には過失するということ。知恵のある優れた人でも多くの考えや行ないのうちに一つぐらいの失敗はあるの意味。


水瓶座

「箪食豆羹~たんしとうこう~」
一つのわりご(飯を盛る器)のわずかな食物と、一椀のあつもの。


魚座

「池魚之殃~ちぎょのわざわい~」
思いがけない災難や火災。昔、楚の国の城門が焼失したとき、池の水でその火を消したため、魚が全部死んだという故事。






9月10日のキーワード

...2007/09/11 02:55...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「着眼大局~ちゃくがんたいきょく~」
広い視野で問題をとらえること。


牡牛座

「茶番狂言~ちゃばんきょうげん~」
ありあわせの事物を材料として手振りや身振りでおどけた事を演じる滑稽な劇。にわか狂言。


双子座

「朝改暮変~ちょうかいぼへん~」
朝改めたことを夕暮れにまた変えること。


蟹座

「長舌三寸~ちょうぜつさんずん~」
人前では調子のいいことを言いながらへつらいこびているが、陰では舌を出して笑うこと。


獅子座

「彫心鏤骨~ちょうしんるこつ~」
心臓や骨に彫りつける。深く心に銘記して忘れぬこと。鏤(=ちりばめる)


乙女座

「遅疑逡巡~ちぎしゅんじゅん~」
疑い迷ってためらい、ぐずぐずして決行しないこと。また、そのさま。


天秤座

「魑魅魍魎~ちみもうりょう~」
山や水に住むいろいろの化け物。怪物。妖怪変化。


蠍座

「胆大心小~たんだいしんしょう~」
大胆で、しかも細心の注意を払うこと。細心にして大胆。


射手座

「断機之戒~だんきのいましめ~」
孟子が途中で学をやめようとしたのを戒めた故事。続けていたことを途中で止めたら、これ以上進まないばかりか、すべて水の泡になるということ。


山羊座

「仲尼之徒~ちゅうじのと~」
孔子の門人たち。孔子の学を継ぐ者。


水瓶座

「男尊女卑~だんそんじょひ~」
男は偉くて女は卑しい、という考え方や態度。


魚座

「治山治水~ちざんちすい~」
植林などによって山を整え、用水路やダムを作って洪水を防ぐこと。水資源開発公団の大きな任務をもいう。






9月9日のキーワード

...2007/09/11 02:32...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「忠勇義烈~ちゅうゆうぎれつ~」
忠義で勇気があり、正義の思いの激しいこと。


牡牛座

「置錐之地~ちすいのち~」
きりを立てるほどの少しばかりの土地。


双子座

「談論風発~だんろんふうはつ~」
盛んに話し合ったり論じたりすること。次々に議論が続出するさま。


蟹座

「朝三暮四~ちょうさんぼし~」
目前の利害に捕われて結果が同じになるのを見抜けないこと。また、そのような状態に相手を追い込んで巧妙にだますこと。


獅子座

「単刀直入~たんとうちょくにゅう~」
前置きや挨拶を抜きにして、直接本題に入り、核心をつくこと。


乙女座

「多情仏心~たじょうぶっしん~」
物事に感じやすく移り気ではあるが、薄情なことができない性質をいう。


天秤座

「断金之契~だんきんのちぎり~」
友情が強固に結ばれていれば、硬い金属をも断ち切ることができるほどであるということから、非常に親密な有事用のこと。


蠍座

「忠肝義胆~ちゅうかんぎたん~」
主君や国家に忠誠を尽くし正義を貫こうとする固い決意のたとえ。肝も、胆も、まごころの意。


射手座

「知者楽水~ちしゃらくすい~」
 「知者は水を楽しむ」。識見豊かに智恵のある人は、物事に精通して滞ることがない。 あたかも水に似ていて、水を好む風格の人である。


山羊座

「長者三代~ちょうじゃさんだい~」
初代が苦労して財産をつくり、それを見て育った子の二代目はその遺風をよく守るが、三代目の孫の代になると、生活が贅沢になり、ついに祖父が築いた家産を傾けてしまうことが多いということから、長者の家は参台り続かないということ。


水瓶座

「懲戒処分~ちょうかいしょぶん~」
不正に対する懲らしめや戒めの処分。


魚座

「忠君愛国~ちゅうくんあいこく~」
主君に忠義を尽くし、自分の国を大事にする。






9月8日のキーワード

...2007/09/08 01:34...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「非地中物~ちちゅうのものにあらず~」
竜はいつまでも狭い池の中で老いぼれ、死んでゆくものではないように英雄はいつまでも人に知られず、 埋もれてしまうものではない。時期を見て必ず才能を発揮するものである。


牡牛座

「池魚故渕~ちぎょこえん~」
自分の生れ育った故郷を恋い慕うこと。


双子座

「単純明快~たんじゅんめいかい~」
簡単で筋道が明らかであること。「明快」は、筋道が整っていてわかりやすい。


蟹座

「知足安分ちそくあんぶん~~」
文相応なもので満足し安心しきってしまうこと。


獅子座

「丹誠無二~たんせいむに~」
他に類をみないほど誠心誠意ことを行うさまをいう。


乙女座

「着手小局~ちゃくしゅしょうきょく~」
小さな事柄にも心を配り実践すること 。


天秤座

「多士済済~たしさいさい~」
優れた人が多い様子。多士さいさい。


蠍座

「単身赴任~たんしんふにん~」
家族をのこして本人だけ勤務地に赴くこと。


射手座

「鍛冶研磨~たんやけんま~」
きたえにきたえ、みがきにみがくこと。


山羊座

「竹頭木屑~ちくとうぼくせつ~」
竹の切れはし、木のけずり屑のように小さなつまらぬものでも、何かの役に立つことがあるということ。


水瓶座

「他力本願~たりきほんがん~」
他人の力ばかりあてにしていること。


魚座

「多事多端~たじたたん~」
仕事や処理すべき事が多く、忙しいこと。






9月7日のキーワード

...2007/09/07 00:40...


ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「地殻変動~ちかくへんどう~」
地球のかたい部分が変化し、動き出すこと。


牡牛座

「断簡零墨~だんかんれいぼく~」
きれぎれの文書、はしきれに書いた文章。書いたものの断片。


双子座

「置酒高会~ちしゅこうかい~」
酒を飲んで、盛んな宴会を催すこと。盛んな酒宴をする。


蟹座

「地水火風~ちすいかふう~」
宇宙ができる根源だという元素。四大元素。


獅子座

「旦夕之費~たんせきのひ~」
朝夕の煮炊きなどのためにする骨折り。


乙女座

「大同団結~だいどうだんけつ~」
いくつかの団体や党派が、多少の意見の差をかまわずに一つにまとまり、共通の目的に向かうこと。


天秤座

「竹之園生~たけのそのう~」
竹薮。皇族の別称。


蠍座

「達人大観~たつじんたいかん~」
広く道理に通達した人は、小言に惑わされることなく、高い見地から全局をよく見極め、正しい判断をくだして誤ることがない。


射手座

「地角天涯~ちかくてんがい~」
地の果てと天の果て。互いに遠く隔たっていること。


山羊座

「他人行儀~たにんぎょうぎ~」
他人のように、改まったよそよそしい振る舞い。


水瓶座

「台風一過~たいふういっか~」
台風が通り過ぎて。


魚座

「知行合一~ちこうごういつ~」
真に知ることは必ず実行を伴う。知と行とは表裏一体で別のものではないという説。






9月6日のキーワード

...2007/09/06 02:22...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「脱帽露頂~だつぼうろちょう~」
帽子を脱ぎ、頭をあらわにする意味で、無作法なこと。


牡牛座

「脱兎之勢~だっとのいきおい~」
網を逃れたうさぎの勢いの意味で、きわめて迅速な勢いをいう。


双子座

「暖衣飽食~だんいほうしょく~」
暖かい衣服を着て腹いっぱいに食べる満ち足りた生活。物質的な要求が満たされた生活のことをいう。


蟹座

「多情多感~たじょうたかん~」
感情が豊かで物事に感じやすい・こと(さま)。


獅子座

「惻隠之情~そくいんのじょう~」
人の不幸を哀れみ、かわいそうに思うこと。


乙女座

「樽俎折衝~そんそせっしょう~」
樽俎は宴席のご馳走。酒宴で和やかに交渉すること。


天秤座

「大所高所~たいしょこうしょ~」
枝葉末節にとらわれず、大局的に物事を見ること。


蠍座

「太山之安~たいざんのやすき~」
泰山のようにきわめて安泰なこと。


射手座

「男女平等~だんじょびょうどう~」
男と女は立場も権利も平等であること。


山羊座

「多種多様~たしゅたよう~」
いろいろさまざま。多彩。


水瓶座

「大椿之寿~だいちんのじゅ~」
長寿。長命。長生き。大椿は上古の大木の名前。その三万二千年が人間の一年にあたる。


魚座

「大胆不敵~だいたんふてき~」
度胸があって物事を恐れないこと。また、そのようす。敵を敵とも思わないこと。






9月5日のキーワード

...2007/09/05 04:33...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「多芸無芸~たげいむげい~」
多芸は無芸。多芸である人は、一つの芸に深く通じることなく、結局は無芸に等しいということ。


牡牛座

「弾丸黒子~だんがんこくし~」
はじき玉とほくろ。狭い土地のたとえ。猫の額。


双子座

「拓落失路~たくらくしつろ~」
落ちぶれて失意の底に沈むこと。


蟹座

「濯纓濯足~たくえいたくそく~」
清い水があれば冠(かんむり)の紐(ひも)を洗い、汚れ濁った水では、汚れた足を洗う。 時の世の良い悪い状況に応じて、身の進退をはかること。


獅子座

「損者三友~そんしゃさんゆう~」
交わって損となる友。易きにつく、人触りが良い、口先がいいタイプ。


乙女座

「大山鳴動~たいざんめいどう~」
大きい山がうなりを発して揺れ動く。大きな騒ぎのたとえ。(大山鳴動、鼠一匹)


天秤座

「大人虎変~たいじんこへん~」
盛徳の者が天下を治めるときは、虎の毛皮の縞模様のようにその理由がはっきりと明らかであるということ。


蠍座

「対牛弾琴~たいぎゅうだんきん~」
愚かな人に対して、難しい道理を説くこと。 いくら骨折っても効果のないことのたとえ。(= 馬耳東風)


射手座

「多岐亡羊~たきぼうよう~」
方針がいろいろあって、どうしてよいか迷うこと。


山羊座

「多事多患~たじたかん~」
事が多ければそれだけ心配が多い。


水瓶座

「泰然自若~たいぜんじじゃく~」
おちつきはらって物事に動じない。安らかでもとのまま変化せず平気な様子。


魚座

「多情多恨~たじょうたこん~」
物事に感じやすく、恨んだり悲しむことが多いさま。愛情も強いが恨みの心も強いこと。






9月4日のキーワード

...2007/09/04 02:27...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「巽与之言~そんよのげん~」
やさしく穏やかで、人に逆らわない言葉。巽は柔、与は和の意味。


牡牛座

「兌換紙幣~だかんしへい~」
正貨と引き替えることのできる紙幣。


双子座

「噂沓背憎~そんとうはいぞう~」
人前ではへつらって話し、その人のいない所では悪口を言う。


蟹座

「惰気満満~だきまんまん~」
なまけゆるんだ気持があたりに満ちている。すっかりだらけきっている。


獅子座

「大安吉日~たいあんきちじつ~」
暦の上で祝い事をするのに最もよいとされる日。


乙女座

「俗務雨集~ぞくむうしゅう~」
浮き世の煩わしい仕事が、さも雨が降って流れ集まるように、積もり重なってくること。


天秤座

「碎啄同時~そつたくどうじ~」
またとない絶好のチャンス。両者の気持ちがぴったり合うタイミング。


蠍座

「他山之石~たざんのいし~」
自分を向上させるための、他人の間違いやよくない言動や行い


射手座

「河漢其言~そのげんをかゝんにす~」
天の河はどこに源があって、どこに流れるか分からぬように、彼の言うこともスケールが大きく、つかみどころがない。


山羊座

「体質改善~たいしつかいぜん~」
本来の体質や体調を整えること。


水瓶座

「大悟徹底~たいごてってい~」
物事の本質・真理を悟って執着心・煩悩を断ち切り、吹っ切れた心境になること。


魚座

「頽堕委靡~たいだいび~」
身体や気力などが次第にくずれ衰える。






9月3日のキーワード

...2007/09/03 17:59...


ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「大言壮語~たいげんそうご~」
意気盛んに、大変勇敢で大きなスケールの話しをすること。(=壮言大語)


牡牛座

「滞滞泥泥~たいたいでいでい~」
凝り固まって通じないこと。また、こだわること。


双子座

「大逆無道~たいぎゃくむどう~」
ひどく人の道にそむき、道理を無視した行為。謀反。


蟹座

「大同小異~だいどうしょうい~」
少しは違っていても、大体は同じなこと。似たりよったり。


獅子座

「大人君子~たいじんくんし~」
徳が高く立派な人。


乙女座

「尊皇攘夷~そんのうじょうい~」
天皇を尊び、外敵を打ち払うこと。幕末の志士の標語。


天秤座

「麁枝大葉~そしたいよう~」
あらい枝と大きい葉。文章の細かい法則にかかわらず、自由に筆力をふるったもののたとえ。


蠍座

「大信不約~だいしんふやく~」
本当の信頼関係にあれば、約束なんかしなくとも守れるという事。


射手座

「大義名分~たいぎめいぶん~」
ある行為のたてまえとなる理由づけや道理をいう。


山羊座

「大人大耳~たいじんたいし~」
徳が高く、心に余裕のある人は、細かなことをいちいち耳にとめないことをいう。


水瓶座

「大旱雲霓~たいかんうんげい~」
日照がつづいているときに雨の前兆である雲や虹を待ち焦がれるように、ある物事の到来を切望することのたとえ。


魚座

「麁言細語~そげんさいご~」
大まかな言とつまらない語。






9月2日のキーワード

...2007/09/02 03:57...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「堆金積玉~たいきんせきぎょく~」
金銀宝石を高く積むの意味。金持ちのたとえ。


牡牛座

「大旱慈雨~たいかんじう~」
大旱魃を迎え、ただひたすらに恵み雨の降ることを渇望すること。


双子座

「大慈大悲~だいじだいひ~」
大きくて際まりのない慈悲。


蟹座

「大願成就~たいがんじょうじゅ~」
願いが遂げられること。大願が神仏の加護によってかなえられること。


獅子座

「大義滅親~たいぎめっしん~」
「大義親を滅す」とも読む。君臣の大義を果たすためには、父子の私情を捨てる。


乙女座

「則天去私~そくてんきょし~」
自己本位の考えを捨てて、自然の中において物事を見極めようとする姿勢。


天秤座

「大死一番~だいしいちばん~」
一度死んだつもりになって頑張ること。


蠍座

「泰山鴻毛~たいざんこうもう~」
泰山は物の重いことのたとえ、鴻毛は物の軽いことのたとえ。


射手座

「粗製濫造~そせいらんぞう~」
質の悪い品をむやみにたくさん作ること。


山羊座

「第一人者~だいいちにんしゃ~」
その道で一番優れている人。


水瓶座

「草木皆兵~そうもくみなへい~」
「そうもくかいへい」の読みもあるようですがよく分かりません。敵を恐れるあまり、全山の草木までが皆敵兵のように見えるということ。


魚座

「対機説法~たいきせっぽう~」
仏教のことばで、説法教化にあたって、相手の宗教的能力に応じて、わかるように法を説くこと。











CALENDER
08 ⇔ 2007/09 ⇔ 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。