毎日の星占いを見ながら、四字熟語のポテンシャルを高めよう!
☆☆☆FC2ブログランキング☆☆☆

FC2ブログランキング

プロフィール

暦りりす

Author:暦りりす
暦りりすのブログへようこそv
12星座別の星占いを、四字熟語に例えて占います!
毎日更新しますので、まめにチェックしてみてくださいね。スポンサー歓迎します!!
リンクフリーです。ご自由にご活用ください☆☆

オススメ
オススメ
アクセス
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
オススメ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



四字熟語星占い  5月31日のキーワード

...2007/05/31 02:51...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「再造之恩~さいぞうのおん~」
一度死んだのを生き返らせてもらった恩。衰えたものを再興してくれた恩。


牡牛座

「三途八難~さんとはちなん~」
三途は「地獄」「畜生」[餓鬼](途を道としたものが日本)と「鬱単越」「長寿天」「聾盲」「膏唖」「世智弁徳」を加えて八難という。


双子座

「三辞三嬢~さんじさんじょう~」
三度勧められたら三度断り四度目で受取る。最初は遠慮することも必要であるという礼儀のたとえ。


蟹座

「三炭三露~さんたんさんろ~」
茶の湯で、三炭と、席入前・中立前・退席前に露地に打水をする三露とをいう。


獅子座

「三世一爨~さんせいいっさん~」
三世代の家族がなかよく同居すること。三代の家族が一つの竃(爨)で煮炊きする意から。《出典》新唐書「崔?伝」[類義語]三世同居・三世同財・三世同爨・三世同堂。中国・老舎、日本・三浦朱門に「四世同堂」の題名の書がある。


乙女座

「三思一言~さんしいちげん~」
繰り返し考えたのちにことばに出すこと。ことばを慎むこと。


天秤座

「三草四木~さんそうしぼく~」
江戸時代、穀類以外に農家にとって重要な三種の草(麻・藍・紅花または木綿)と、四種の木(桑・茶・楮・漆)。その収穫は米や麦より有利であった。


蠍座

「三世一身~さんぜいっしん~」
養老七年に公布された開墾奨励の法。新たに灌漑用水路を開発して開墾した者は本人から三代にわたってその土地の保有を許し、既存の用水を利用して開墾した者は本人一代かぎり保有を許した。


射手座

「斬新奇抜~ざんしんきばつ~」
極めて新しく、ふつうの人が思い付かないようなこと。思いもよらないこと。


山羊座

「山川草木~さんせんそうもく~」
自然の大地、自然の景色のこと。


水瓶座

「三同一交~さんどういっこう~」
幹部が大衆と一緒に食べ(同吃)、住み(同住)、労働(同働)して心を交じり合わせようとすること。


魚座

「三十而立~さんじゅうじりつ~」
三十歳になり、自分の確固とした立場をもって自立すること。


スポンサーサイト




四字熟語星占い  5月30日のキーワード

...2007/05/30 15:03...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「三角関係~さんかくかんけい~」
三人の男女間にもつれる恋愛関係のこと。


牡牛座

「三従七去~さんじゅうしちきょ~」
儒教の倫理観。女子として則るべき、三つの規範と七つの婦徳をいう。七去は妻が夫の家を去るべき場合を規定したもの。父母に従順でない・子供がない・品行がみだら・ねたみ深い・悪い病気がある・お喋りである。盗みをする。の七つをいう。


双子座

「三潔四無~さんけつしむ~」
中国衛生改革上のスローガンで家の中・庭・門口の三つの部分を清潔にしておいて蚊・蝿・鼠・床しらみの四つを駆除することを言う。


蟹座

「三十二相~さんじゅうにそう~」
仏のもつ三十二の優れた身体的特徴。女性の容貌・容姿に備わる美しさのすべて。


獅子座

「三豕渡河~さんしとか~」
「三豕河を渡る」とも読む。文字を誤読誤用すること。「己亥河を渡る」と読むところを、己亥の字を三豕と読み間違えた故事。


乙女座

「三言市虎~さんげんしこ~」
町に虎はいないが、三人まで虎がいるというと、最後にはこれを信じてしまう。誤った話も、多くの人が言えば真実と同じ力を持ってしまうという意味。


天秤座

「三汁七菜~さんじゅうしちさい~」
贅沢で豪華な食事のたとえ。本膳料理。正式な日本料理の膳立ての菜数。「三汁」は汁物三品。「七菜」はおかず七品。本膳・二の膳・三の膳に焼き物膳と台引き物がつく。


蠍座

「三分鼎足~さんぶんていそく~」
鼎に三本の足があるように、三者が天下を三分して並び立つこと。


射手座

「三十六計~さんじゅうろっけい~」
「三十六策走(にぐ)るはこれ上計なり」「三十六計逃ぐるに如(し)かず」を略したもので、古代中国の兵法で三十六の策略のうち、逃げるべきときは逃げて身の安全を計るのが最良の策だという意味。


山羊座

「参天弐地~さんてんじち~」
徳と天地を等しくすること。天地と同じほど大きな徳をもつこと。「参天」は天と交わる「弐地」は地に徳を比すこと、地と自分と天に並び合わせて「三」になることで「参天」という。《出典》文選「楊雄・劇秦美新」


水瓶座

「三徴七辟~さんちょうしちへき~」
真心・礼儀をつくして、優れた人材を招くこと。また目上のものが、ある人物を信頼して手厚く迎えること。「三顧之礼」の類義語である。他に草蘆三顧(ソウロサンコ)《出典》諸葛亮「前出師表」(ぜんすいしのひょう)


魚座

「三教一致~さんきょういっち~」
三つの教えが根本的には一体であること。中国では儒・道・佛、日本では神・儒・佛の一致が説かれる。






四字熟語星占い  5月29日のキーワード

...2007/05/29 11:02...


ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「三草二木~さんそうにぼく~」
あらゆる草木がその大きさに関わらず平等に雨の惠を受けて育つように、資質・能力に差がある衆生も仏の教えによっていつかは平等に悟りを開くことが出来るということ。また仏のおしえは一つであるが、衆生の受け取り方はさまざまであることのたとえ。「三草」は三種の有用な草、「二木」は大樹・小樹のこと。《出典》法華経「薬草喩品」(やくそうゆほん)


牡牛座

「三秋之思~さんしゅうのおもい~」
1日会わないでいるとずいぶん長い間会わないでいるように思うこと。強く待ちこがれる気持ちをいう。(= 一日千秋)


双子座

「三陰三陽~さんいんさんよう~」
身体にあるものの「大陰」「小陰」「厥陰」と「大陽」「小陽」「陽明」の三陽をいう。


蟹座

「三従四徳~さんじゅうしとく~」
古代の女性に対する教え。女性としての心構えを教えた言葉。「三従」は幼時には、父に従い、嫁しては夫に従い、老いては子に従うという教え。「四徳」は婦徳・婦言・婦容・婦功を差し、日常の心がけのこと。


獅子座

「山窮水尽~さんきゅうすいじん~」
山も川も突き当りに来て、これ以上進めなくなる。進退に窮すること。「山窮(きり)まい水尽く」


乙女座

「三多三上~さんたさんじょう~」
文章を作るのに適した三つの場所。「馬上」「枕上」「厠上」、乗馬をしているとき、寝床に入っているとき、便所にいるときをいう。[類義語]作文三上(サクブンサンジョウ)宋の欧陽脩の語。


天秤座

「三旬九食~さんじゅんきゅうしょく~」
生活が極めて貧しいたとえ。一ヶ月に九回しか食事をとれない意から。「三旬」を「二旬」としても用いられる。子思が衛の国にいたとき生活が苦しく、表側の布のない衣服で、三十日間に九回しか食事をとることが出来なかった故事から。


蠍座

「三戦三走~さんせんさんそう~」
三度戦って三度逃げる。


射手座

「三界一心~さんがいいっしん~」
佛教-三界は「心をもつものの存在する欲界・色界・無色界の三つの世界。仏以外の全世界。三界は全て心に映る現象で、人間の心の中以外に三界は無いということ。「三界無安」「三界唯一心」「三界流転」「三界に家なし」「三界の火宅」「三界の頚枷」等の用語。


山羊座

「三千世界~さんぜんせかい~」
広い世界。全宇宙。


水瓶座

「山高水長~さんこうすいちょう~」
不朽の功績・名誉を、山がいつまでも高くそびえ、川が永久に流れ続けることにたとえた語。


魚座

「三国四師~さんごくしし~」
日蓮宗で特に法華経を尊んでこれをひろめたインドの竜樹菩薩、中国の天台大師、日本の伝教大師・日蓮上人をいう。







四字熟語星占い  5月28日のキーワード

...2007/05/28 03:15...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「三十四身~さんじゅうししん~」
妙音菩薩が衆生に経典を説き示すために化身したという34種の変化身の総称。


牡牛座

「采薪之憂~さいしんのうれい~」
自分の病気をへりくだっていう言葉。普段のように山野に薪を取ることができない心配。一説に、薪をとった疲れで起こった病気。


双子座

「三国鼎立~さんごくていりつ~」
鼎に三本の足があるように、三者が天下を三分して並び立つこと。


蟹座

「再生父母~さいせいのふぼ~」
蘇らせてくれる父母のようにありがたい人。元の烏古孫沢の仁徳を称えて呼んだ言葉。自分の父母の生まれ変わり。


獅子座

「三者三様~さんしゃさんよう~」
やり方や考え方などが人それぞれで違いがあること。三人の者がいれば、三つのさま、様子、形がある意。類)各人各様・十人十色・百人百様。


乙女座

「三公七民~さんこうしちみん~」
江戸時代、収穫の三分を領主、七分を農民の所得とする税法。多くは領主の山野に農民が植林し、その成木を三公七民の割合で分収する造林法をいう。


天秤座

「三者鼎立~さんしゃていりつ~」
三つの勢力が鼎のように立っている様。


蠍座

「採薪汲水~さいしんきゅうすい~」
自然の中で質素に暮らすこと。


射手座

「三益之友~さんえきのゆう~」
交わって利益となる三種類の友人。①正直な友②誠実な友③多聞な友。


山羊座

「祭政一致~さいせいいっち~」
宗教上の権威者と政治上の権力者が一体となっていること。古代社会で多く見られる、神の神託に基づいて国を治める政治形態。


水瓶座

「左文右武~さぶんゆうぶ~」
文武をともに重んじる。


魚座

「三管四職~さんかんししょく~」
室町時代の重要な職制で、管領と侍所所司に補された家柄で、「三管」は斯波・細川・畠山「四職」は赤松・一色・山名・京極をいう。






四字熟語星占い  5月27日のキーワード

...2007/05/27 03:23...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「左支右吾~さしゆうご~」
左右両方をささえとどめる。左につかえ、右に食い違う。どちらにも差し支える。齟齬。


牡牛座

「左史右史~さしゆうし~」
昔、天子のそばに仕えた左右の記録係。左史は天子の言を記し、右史はその行いを記したという。


双子座

「山紫水明~さんしすいめい~」
山水(自然)の景色が清らかで美しいこと。日の光に照り映えて山は紫に流れる川は清らかに澄んで見えること。


蟹座

「山谷之士~さんこくのし~」
世を避けて山中に住む人。


獅子座

「三三五五~さんさんごご~」
人々がちらほら道を行(歩)くようす。


乙女座

「山海珍味~さんかいのちんみ~」
山や海で取れた珍しい食べ物。


天秤座

「恨紫愁紅~こんししゅうこう~」
花の姿の哀れなさま。


蠍座

「沙中偶語~さちゅうぐうご~」
臣下がひそかに謀反の相談をすること。漢の高祖が功臣二十余人を大名に取り立てて他の諸将に及ぼさなかったとき、他の諸将が砂地の上に集まって謀反の相談をしたという故事。


射手座

「左提右挈~さていゆうけつ~」
手を引いて互いに助け合う。手を取り合う。


山羊座

「三権分立~さんけんぶんりつ~」
権力の濫用を防止し、国民の政治的自由を保障するため、国家権力を立法・司法・行政の三権に分け、それぞれ独立した機関にゆだねようとする原理。


水瓶座

「三階九級~さんがいくきゅう~」
奈良時代以後に制定された僧官。僧正・僧都・律師の三階を、さらに大僧正・僧正・権僧正、大僧都・権大僧都・少僧都・権少僧都、律師・権律師の九つに分けたもの。


魚座

「再生之恩~さいせいのおん~」
一度死んだのを生き返らせてもらった恩。衰えたものを再興してくれた恩。






四字熟語星占い  5月26日のキーワード

...2007/05/26 03:47...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「坐作進退~ざさしんたい~」
立ち居ふるまい。行儀。


牡牛座

「左右親近~さゆうしんきん~」
お側の家来。側近。


双子座

「塞翁之馬~さいおうのうま~」
人間の運命・幸不幸は定まりなく、吉凶はわからないもの、ということ。したがって、小さな出来事にいちいち一喜一憂すべきでないこと。


蟹座

「妻子眷属~さいしけんぞく~」
妻子と親族。一家一門。


獅子座

「三月庭訓~さんがつていくん~」
勉学などの飽きやすいことのたとえ。


乙女座

「左顧右眄~さこうべん~」
なかなか決心のつかないこと。(右を見たり左を見たりして)。=右顧左眄。


天秤座

「孤陋寡聞~ころうかぶん~」
孤独で友がなく、見聞が狭く、知識が浅いこと。


蠍座

「三衣一鉢~さんいいっぱつ~」
僧侶が持ち歩く僅かな持ち物。「三衣」は三種の衣、王宮に行く時、講義を聴く時、作業等で日常着る時に衣を替えた。「一鉢」は食器。それだけあればとりあえず足りるとした。「衣」はネとも読む。


射手座

「三跪九叩~さんききゅうこう~」
何度も最敬礼する。


山羊座

「座右之銘~ざゆうのめい~」
常に身近に備えておいて、日常の戒めとする言葉や文。


水瓶座

「昨非今是~さくひこんぜ~」
境遇が変わって、昨日まで悪いと思ったことが、今日は良いと思うようになること。境遇が急に変わること。


魚座

「左思右考~さしうこう~」
あれこれと考えること。






四字熟語星占い  5月25日のキーワード

...2007/05/25 03:54...


ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「洒掃応対~さいそうおうたい~」
拭き掃除をしたり年長者の呼び出しに応じ、問に答えること。すべて年少者の勤め。


牡牛座

「三釁三浴~さんきんさんよく~」
体にたびたび香を塗り、たびたび湯浴みして身を清めること。


双子座

「孤立無援~こりつむえん~」
ひとりぼっちで助けがないこと。


蟹座

「蒟蒻問答~こんにゃくもんどう~」
とんちんかんな会話。意味をなさない話のやりとり。


獅子座

「左建外易~さけんがいえき~」
左道(不正な道)を行って自分の勢力をもりたて、外にあって君命を勝手に易(か)える。不正を行って自分の威勢や権力を伸ばすこと。


乙女座

「言語道断~ごんごどうだん~」
言葉には言い表せないほど程度がはなはだしく悪いこと。


天秤座

「五里霧中~ごりむちゅう~」
霧が深くて方角がわからないように、物事の手がかりがつかめず困惑している状態のたとえ。


蠍座

「三綱六紀~さんこうろっき~」
「三綱五常」に似た言葉であるが、君臣・父子・夫婦の道に「諸父、兄弟、族人、諸舅、師長、朋友」の道をいい、綱はおおづな、紀はこづなの意を表し、ともに中国における人間関係において守るべき教えを表す言葉である。


射手座

「魂飛魄散~こんぴはくさん~」
「魂飛び魄散ず」とも読む。びっくりすること。魂・魄はともにたましい。


山羊座

「左思右想~さしうそう~」
あれこれと考えること。


水瓶座

「再起不能~さいきふのう~」
失敗、事件などでなかなか立ち直れないこと。


魚座

「削足適履~さくそくてきり~」
靴に合わせるために自分の足を削るように、事の本末を誤ること。履は、「くつ」。






四字熟語星占い  5月24日のキーワード

...2007/05/24 16:59...


ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「際可之仕~さいかのつかえ~」
先方が礼をもって待遇するので仕えること。


牡牛座

「才色兼備~さいしょくけんび~」
女性が優れた才能と、そして美しい顔立ちと、両方ともに恵まれていること。


双子座

「西方浄土~さいほうじょうど~」
阿弥陀仏のいるという極楽浄土。仏教で西の方にあるといわれる清らかなところ。


蟹座

「再従兄弟~さいじゅうけいてい~」
またいとこ。祖父母の兄弟の孫。日本では従兄弟同士の子。父母の兄弟姉妹の孫。


獅子座

「困苦欠乏~こんくけつぼう~」
物資の不足などからくる困難な状況に苦しむこと。


乙女座

「坐臥行歩~ざがこうほ~」
立ち居ふるまい。


天秤座

「采色不定~さいしょくふてい~」
喜びや怒りが常なく、定まらない。


蠍座

「採長補短~さいちょうほたん~」
人の長所を取り入れ、自分の短所を補うこと。人のふり見て我がふり直せ。


射手座

「載舟覆舟~さいしゅうふくしゅう~」
君主は人民によって立ち、また、人民によって滅ぶ。人は味方にも敵にもなる。


山羊座

「才子多病~さいしたびょう~」
才能のある人物は、とかく体が弱く、病弱なものであるということ。


水瓶座

「欣求浄土~ごんぐじょうど~」
極楽浄土に往生することを願い求めること。


魚座

「豺狼当路~さいろうとうろ~」
政治の要路に大悪人がいる場合、その下の小悪人よりも、まずその大悪人を除かなければ政治はよくならないということのたとえ。






四字熟語星占い  5月23日のキーワード

...2007/05/23 04:00...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「今案意楽~こんあんいらく~」
現在の考えを最上のものと思って楽しむ。今の考えを素晴らしいものとして得意になり楽しむこと。


牡牛座

「昏定晨省~こんていしんせい~」
夜は父母の布団を敷き、朝は機嫌を伺い、子が親に日夜よく仕えること。


双子座

「刻苦勉学~こっくべんがく~」
非常に努力して、勉学に励むこと。


蟹座

「混水摸魚~こんすいもぎょ~」
水が濁っているとき、これ幸いと魚を捕える。どさくさまぎれに利益を得ること。「混水」は「渾水」とも書く。


獅子座

「載舟覆舟~さいしゅうふくしゅう~」
君主は人民によって立ち、また、人民によって滅ぶ。人は味方にも敵にもなる。


乙女座

「枯木寒厳~こぼくかんがん~」
枯れた木と冷たい岩のごとく、世俗を超越して枯淡の境地にあるさま。


天秤座

「渾然一体~こんぜんいったい~」
別々のもの、いくつかの物が溶け合って一体となっているさま。


蠍座

「国利民福~こくりみんぷく~」
国家の利益と民衆の幸福。


射手座

「斎戒沐浴~さいかいもくよく~」
神聖な行事の前に心身を清めて、穢れを取り除くこと。


山羊座

「今是昨非~こんぜさくひ~」
過去のあやまちを今はじめて悟ること。今になって過去の誤りに気付くこと。これまでのあやまちを後悔していう。


水瓶座

「五分五分~ごぶごぶ~」
双方に優劣の差のないこと。お互いに同等であること。力や勢いが互角であるさま。


魚座

「懇切丁寧~こんせつていねい~」
親切でこまかく気配りのあること。






四字熟語星占い  5月22日のキーワード

...2007/05/22 11:40...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「才気煥発~さいきかんぱつ~」
頭の働きが速く優れていること。才能が光り輝き目立つこと。才気が盛んに外に現れる様子。


牡牛座

「金輪奈落~こんりんならく~」
地下の最も深い所の意から、物事のきわまる所、極限をいう。どこまでも、絶対に。


双子座

「滑稽之雄~こっけいのゆう~」
泉のように智謀のわきおこる第一等の知者をいう。


蟹座

「妻妾之奉~さいしょうのほう~」
妻妾を養うに十分な費用。


獅子座

「歳寒松柏~さいかんのしょうはく~」
松や柏は冬の霜や雪にも屈せずいつも緑色を変えないので、成徳の君子が逆境にあってもその節操を変えないことにたとえていう。


乙女座

「古色蒼然~こしょくそうぜん~」
長い年月を経て、見るからに古びた趣をたたえているさま。古めかしいようす。


天秤座

「才子佳人~さいしかじん~」
才能のある男と美女。好一対の取り合わせの男女にいう。


蠍座

「古人堂奥~こじんのどうおう~」
昔の優れた人の位置・境遇。


射手座

「金剛不壊~こんごうふえ~」
非常に堅く、決してこわれないこと。志をかたく守って変えないことのたとえ。


山羊座

「小糠三合~こぬかさんごう~」
わずかな財産のことをたとえていう。


水瓶座

「枯木死灰~こぼくしかい~」
枯木と冷たい灰。心に温かみがない人。情けを知らない人。


魚座

「刻苦精励~こっくせいれい~」
非常に苦労して、努力し励むこと。






四字熟語星占い  5月21日のキーワード

...2007/05/21 04:22...


ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「胡馬北風~こばほくふう~」
故郷への思いが忘れがたいこと。 


牡牛座

「骨肉之親~こつにくのしん~」
親子・兄弟など血をわけた身内の者をいう。肉と骨とが離れられないような深いつながり。親族。


双子座

「歳月不待~さいげつふたい~」
歳月は人の都合を待ってくれないこと。このことから今の時を大切にし日々怠けることなく努力せよ。と言う戒めに用いることが多い。


蟹座

「塞翁失馬~さいおうしつば~」
禍福吉凶は定まりがなく、幸不幸も変わりやすい。


獅子座

「胡蝶之夢~こちょうのゆめ~」
人生ははかない、ということ。 


乙女座

「歳寒三友~さいかんのさんゆう~」
冬に友として愛で誉めるべき三つのもの。松竹梅。衰えた世に友とすべき三つのもの。山水・松竹・琴酒。梅・竹・水仙の三画題。


天秤座

「在在所所~ざいざいしょしょ~」
あちこちの村々。ここかしこ。あちこち。


蠍座

「採菓汲水~さいかきっすい~」
仏に供えるために木の実を採り、花を摘み水を汲むこと。仏道修行のたとえ。


射手座

「刻苦勉励~こっくべんれい~」
心身を苦しめるほどに、ひたすら努力を積み重ねること。力を尽くし、つとめはげむ。


山羊座

「五百羅漢~ごひゃくらかん~」
釈迦の弟子である五百人の聖者、諸国に木造や石造の像があるまたその場所


水瓶座

「梱外之任~こんがいのにん~」
しきみ(門の内外のしきり)より外の任務の意味。将軍の職務。


魚座

「五輪五体~ごりんごたい~」
地・水・火・風・空の五輪によって構成せられている肉体、体。






四字熟語星占い  5月20日のキーワード

...2007/05/20 04:28...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「孤独矜寡~こどくかんか~」
四種の窮民。孤児・老いて子のない者・老いて妻のない者・老いて夫のない者。


牡牛座

「五倫五常~ごりんごじょう~」
人として常に踏み守るべき道徳のこと。儒教の教え、「五倫」は基本的な人間関係を規律する五つの徳目。父子の親・君臣の義・夫婦の別・長幼の序・朋友の信。「五常」は仁・義・礼・智・信の五つ。


双子座

「涸沢之蛇~こたくのへび~」
水が無くなった沢の蛇が、他の沼池の水のあるところに移ろうとするとき、人に殺されぬように、 大蛇が小蛇を背負って逃げたので、人々はこれを神わざと思って避けたという故事。相手をうまく惑わせて両方ともども利を得ること。


蟹座

「梧桐一葉~ごどういちよう~」
ものの衰えのきざしの意。あおぎりの一葉が落ちたことで秋の到来を知ることができるという意から。また、些細な出来事から、全体の動きを予知することの例え。


獅子座

「古貌古心~こぼうこしん~」
古人の面影と心。気持・外見とも古人のように、まっすぐで素朴なこと。


乙女座

「鼓舞激励~こぶげきれい~」
ひとを励まし元気を出させること。ひとを奮い立たせはげますこと。


天秤座

「国士無双~こくしむそう~」
国の中で他と比べる者のないようなすぐれた大人物、偉大な人材のことをいう。


蠍座

「孤峰絶岸~こほうぜつがん~」
山の高くそびえるさま。また、文章が他から抜きん出て優れるようす。


射手座

「五塵六欲~ごじんろくよく~」
「五塵」は色・声・香・味・触の五境のこと、塵のように人の心を汚すことからいう、「六慾」は六根によっておこる慾、色欲・形(形容貌)慾・成儀姿態慾・言語音声慾・人相(愛すべき人相)慾細滑(皮膚が細軟・滑沢)慾。五塵と六慾によっておこす慾全てをいう。


山羊座

「涸轍鮒魚~こてつのふぎょ~」
困難がさしせまること。車のわだちの跡のたまり水の中にいる鮒の意味。


水瓶座

「股肱之臣~ここうのしん~」
最も頼りになる部下。 


魚座

「呼風喚雨~こふうかんう~」
風を呼び、雨をわき起こす。自然を思うまま駆使するところから、英雄風雲児の興る有様のたとえ。






四字熟語星占い  5月19日のキーワード

...2007/05/19 02:42...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「骨肉相食~こつにくそうしょく~」
肉親同士が争うこと。


牡牛座

「固定観念~こていかんねん~」
かたくかたまった、一定の考え方。


双子座

「壷中天地~こちゅうのてんち~」
別世界。別天地。仙境。また、酒を飲んで俗世間を忘れる楽しみ。漢代、仙人の壷公が、一つの壷を家の代わりにして、酒を楽しみ俗世間を忘れたという故事。


蟹座

「鼓跌酣眠~こてつかんみん~」
太鼓が転げたようなさまでぐっすり眠る。


獅子座

「孤軍奮闘~こぐんふんとう~」
援軍がなく、周囲から孤立した小数の軍勢でよく戦うこと。


乙女座

「炬燵水練~こたつすいれん~」
実際の役に立たない議論や研究のこと。


天秤座

「御前会議~ごぜんかいぎ~」
国家の重大事について、元老・重臣たちが天皇の御前で開いた会議。


蠍座

「五智五仏~ごちごぶつ~」
「五智如来」密教の五智(大円鏡智・平等性智・妙観察智・成所作智・法界体性智、大日如来がもつ智)をそれぞれ備えた如来。大日(法界体性智)如来、阿?(大円鏡智)如来、宝生(平等性智)如来、阿弥陀(妙観察智)如来、不空成如(成所作智)如来の五如来をいう。


射手座

「五十二類~ごじゅうにるい~」
釈迦が入滅するときに集まって悲しんだという五十二種類の生き物、人間から禽獣・蟲・魚をいう。五十二衆ともいう。


山羊座

「刻舟求剣~こくしゅうきゅうけん~」
「舟にきざみて、剣を求む」時勢の推移を知らず、旧習を固守する愚か者のたとえ。「落剣刻舟」とも。


水瓶座

「克己復礼~こっきふくれい~」
私欲にうち勝ち、社会の規範・礼儀に従って行動すること。


魚座

「胡思乱量~こしらんりょう~」
無駄な考え。






四字熟語星占い  5月18日のキーワード

...2007/05/18 02:06...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「虎渓三笑~こけいさんしょう~」
学問や芸術の話に熱中して、道中の長さを忘れること。虎渓は江西省の盧山にある谷の名。友人の帰りを送りながら、話に熱中のあまり虎渓を渡っても気づかず、三人で思わず顔を見合わせて笑ってしまった。


牡牛座

「鼓腹撃壌~こふくげきじょう~」
太平の世、のこと。 


双子座

「誇大妄想~こだいもうそう~」
自分の現在の状態を大げさに空想すること。


蟹座

「五善五悪~ごぜんごあく~」
佛教の五戒、不殺生・不偸盗・不邪淫・不侫語・不飲酒をよく守ることを「五善」この戒律を破ることを「五悪」といった。


獅子座

「五風十雨~ごふうじゅうう~」
気候の順当なこと。世の中が太平なこと。五日目に風が吹き、十日目に雨が降るのは、農作などに好都合な順当な天候であることから。


乙女座

「姑息之政~こそくのまつりごと~」
一時のがれの政治。その場の間に合わせの政治。


天秤座

「告往知来~こくおうちらい~」
「往を告げて来を知る」洞察力が鋭く、打てば響く反応のよさをいう。往は、いにしえ、過去のこと。「知来」は未来を知ること。


蠍座

「後生菩提~ごしょうぼだい~」
来世の冥福(死後の幸福)を祈ること。


射手座

「胡思乱想~こしらんそう~」
無駄な考え。


山羊座

「五臓六腑~ごぞうろっぷ~」
心臓や肺などの臓器と胃や腸などの器官。体内全体のこと。


水瓶座

「五尺之童~ごせきのどう~」
子供。尺は周制の1尺(22.5cm)。大人の身長を1丈として、大人を丈夫といい、その半分の五尺を童子とする。


魚座

「孤城落日~こじょうらくじつ~」
昔の勢いを失い、助けるものもなく、ひたすら没落に向かう状態。






四字熟語星占い  5月17日のキーワード

...2007/05/18 01:32...


ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「虎穴虎子~こけつこじ~」
「虎穴に入らずんば虎子を得ず」。「虎の子」を得るためには、危険を承知で冒険しなければ実現しない、という意味。


牡牛座

「壺中之天~こちゅうのてん~」
ユートピア。→酒を飲んで俗世間のことを忘れる楽しみ。


双子座

「孤孤単単~ここたんたん~」
ひとりぼっち。


蟹座

「狐群狗党~こぐんくとう~」
「狐朋狗党」ともいう。ろくでもない連中の集まりのたとえ。悪人仲間、そのグループのこと。きつねの群れと、野良犬のグループ。


獅子座

「国家柱石~こっかのちゅうせき~」
国家の重い責任を負う大臣や武将。


乙女座

「五十知命~ごじゅうちめい~」
五十にして天命を知ること。孔子は五十になったとき、天から与えられた宿命を知った。「知命」のみで、五十歳の意にも用いる。


天秤座

「五十展転~ごじゅうてんてん~」
法華経の功徳法華経を聞いて随喜した人が次々と他の人に語り伝えそれが五十人目に至っても経の功徳に変わりがないことをいう。


蠍座

「五十二位~ごじゅうにい~」
菩薩の階位諸経論により異なるが「菩薩瓔珞経」によれば十信・十住・十回向・十地・等覚・妙覚の五十二位十地で凡夫の境を脱し等覚位で仏に等しい境地に達するという。


射手座

「呉越之思~ごえつのおもい~」
春秋末、呉越が長い間争ったことから、互いに敵意を抱くこと。


山羊座

「古色古香~こしょくここう~」
古くなった色と香り 。


水瓶座

「轂撃肩摩~こくげきけんま~」
車のこしきとこしきが打ち合い、人の肩と肩が擦れ合う。繁華で、人が群集するさまをいう。


魚座

「胡言乱説~こげんらんせつ~」
わけのわからない言説。






四字熟語星占い  5月16日のキーワード

...2007/05/16 01:47...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「後生大事~ごしょうだいじ~」
いつも心を込めて勤め励むこと。また、いつまでも物を大切に保管すること。


牡牛座

「古井無波~こせいむは~」
水の枯れた古井戸には、水がないから波も立たぬ。肝っ魂がしっかりしていて心が動揺しないこと。 転じて未亡人が再婚しないことにも言われる。


双子座

「枯槁之士~ここうのし~」
落ちぶれた士。


蟹座

「蛟竜雲雨~こうりょううんう~」
「蛟竜雲雨を得」と読む。竜の子の蛟竜は、天上に雨雲が出ると、一気に天に奔け上ってゆく。 風雲児が好機に恵まれ、勢いに乗じて大きな飛躍を遂げること。「校意悔いあり」は栄達を極めた者に対する警告のことば。


獅子座

「呼牛呼馬~こぎゅうこば~」
他人からどんなに批判されても、平気でいることのたとえ。何でも「言いたい奴には言わせておけ」という意味。


乙女座

「虎視眈眈~こしたんたん~」
虎が獲物を狙って鋭い眼でじっと見下ろすようす。野望を遂げようとして機会をじっと狙う。


天秤座

「狐裘蒙戎~こきゅうもうじゅう~」
富貴な人が乱行をほしいままにし、その結果国が乱れるということ。狐の皮衣の毛が乱れているの意味。


蠍座

「呉越之争~ごえつのあらそい~」
春秋時代、呉王夫差が父の仇を討つため臥薪(たきぎの上で寝る)し、前494年越王勾践を破って会稽に走らせたが、勾践もまたその恥をそそぐため嘗胆(きもをなめる)すること20年で呉を破った。


射手座

「後来居上~こうらいこじょう~」
「後に来て、上に居る」。後から来た者が先行していた者を追い抜く。後輩が先輩を追い抜くことのたとえ。


山羊座

「故事来歴~こじらいれき~」
物事の、起源からそのたどった過程や歴史。物事のいろいろな由来や因縁のこと。


水瓶座

「呉牛喘月~ごぎゅうぜんげつ~」
思いすごして、ひどくおびえ恐れるたとえ。呉牛は、南の呉の国に多い水牛。日照りの暑さを恐れるあまり、月を見ても太陽が出たと勘違いしてあえぐという意味。「呉牛、月に喘ぐ」


魚座

「心如涌泉~こころようせんのごとし~」
心が、盛んに吹き出る泉のように奔放なこと。「涌」は水が湧きあがる意。移り気でつき合いにくいこと。






四字熟語星占い  5月15日のキーワード

...2007/05/15 23:09...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「五器一具~ごきいちぐ~」
御器、碗や膳・箸等の食器、一具はその一揃いのこと。


牡牛座

「虎口讒言~ここうざんげん~」
人を窮地に陥れるような告げ口や、そしりごと。


双子座

「槁木死灰~こうぼくしかい~」
生気のないこと。→非常に冷静。無念無想。


蟹座

「古琴之友~こきんのとも~」
良く自分を知ってくれる友。昔、琴の名人伯牙が、自分の琴の音色をよく聞き分けてくれた鍾子期の死後、弦を断ってふたたび琴を弾かなかった故事。


獅子座

「国威発揚~こくいはつよう~」
国の威光を輝かせ、高くあらわすこと。


乙女座

「極楽浄土~ごくらくじょうど~」
仏教でこの世でよいことをした人が死後行くところ。また非常に清らかで楽しいところ。


天秤座

「呉越同舟~ごえつどうしゅう~」
仲の悪い者同士が、同じ場所にいたり行動を共にしたりすること。


蠍座

「克伐怨欲~こくばつえんよく~」
四つの悪徳。克は勝つことを好むこと。伐は自分を誇ること。怨は人を恨むこと。欲はむさぼること。


射手座

「光明磊落~こうみょうらいらく~」
胸にわだかまりがなく、公明正大であるさま。大らかでさっぱりしている状態。


山羊座

「黒白分明~こくびゃくぶんめい~」
はっきりとしていること。是非、善意の明らかなことをいう。


水瓶座

「胡越之意~こえつのい~」
互いに遠く隔たり、全く疎遠であること。気持ちが全く合わないたとえ。胡は中国北方の、越は南方の異民族。この二つの民族の遠い関係から出た言葉。


魚座

「五顔六色~ごがんろくしょく~」
色とりどりなさま。五つの顔に六色の彩り。変化の多様なさま。






四字熟語星占い  5月14日のキーワード

...2007/05/14 21:07...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「公平無私~こうへいむし~」
行動、判断などが公平で、私的な感情や利益などに左右されないさま。


牡牛座

「狐疑逡巡~こぎしゅんじゅん~」
事に臨んで疑いためらって決心のつかないさま。思いきりがわるくぐずぐずしていること。


双子座

「滉洋自恣~こうようじし~」
水の広く深いように、学識文才が深く広く、応用の自在なこと。


蟹座

「黒衣宰相~こくいのさいしょう~」
僧侶の身分で天下の政治に参画する人のたとえ。徳川家康の政治顧問として活躍した天海僧正がその典型。黒衣は僧侶の衣装からその身分をあらわす。


獅子座

「恍然大悟~こうぜんたいご~」
ぼんやりした中から、ふと思い当たること。疑問が解けて、“はっ”と悟る。


乙女座

「膏粱子弟~こうりょうしてい~」
富貴の家に生まれた人のこと。富裕な家の子供。美食する子弟。「膏」は脂(あぶら)の乗った肉。「粱」は味のいい飯(あわ)のこと。膏・粱で美食を表す。転じて富貴の家、財産家のたとえとなった。


天秤座

「攻城略地~こうじょうりゃくち~」
「城を攻め地を略す」城を攻略し、市街地を侵略すること。


蠍座

「五運六気~ごうんろっき~」
中国・宋時代の医方。当時流行した性理説に基づく病理説。疫病を木・火・土・金・水の五行運転の気と初・一・二・三・四・五・終(風・火・暑・燥・温・寒)の六節の「化」に帰しその理を明らかにしてその治療の方策を立てようとした説のこと。


射手座

「鴻漸之翼~こうぜんのつばさ~」
ひとたび飛翔すれば一気に千里をすすむといわれる鴻(おおとり)のつばさ。転じて、スピード出世する優秀な人材、大事業が成功する人物のこと。


山羊座

「膏腴之地~こうゆのち~」
肥えた土地。


水瓶座

「行不由径~こうふゆけい~」
行くに径(こみち)によらず。道を行くなら小道を通らない。堂々と表通りの大道を歩む人生。


魚座

「呉越之富~ごえつのとみ~」
呉と越を会わせたほどの富。無尽蔵の富。






四字熟語星占い  5月13日のキーワード

...2007/05/13 02:32...


ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「孤雲野鶴~こうんやかく~」
「孤雲」は空に漂うちぎれ雲。「野鶴」は群れから離れて住む一羽の鶴。俗世間を捨て、名利を超越して隠居する人のたとえ。


牡牛座

「湖海之士~こかいのし~」
地方にいる民間の有能な人物のたとえ。「湖海」は世の中、世間、民間をさし、都に対し、地方をいう。


双子座

「五畿七道~ごきしちどう~」
畿内の五カ国(山城・大和・河内・和泉・摂津)と東海・東山・北陸・山陰・山陽・南海・西海の七道。


蟹座

「紅毛碧眼~こうもうへきがん~」
赤茶色の髪の毛と青緑色の眼。すなわち西洋人のこと。


獅子座

「黄道吉日~こうどうきちじつ~」
陰陽道で何をしてもうまくゆくとされる吉日。転じて一般に、良い日柄をいう。


乙女座

「厚貌深情~こうぼうしんじょう~」
顔つきは親切なようでも、心の中は奥深くて何を考えているかわからない。人の心の知りがたいことのたとえ。また、態度も心も親切なことの意味もある。


天秤座

「興亡治乱~こうぼうちらん~」
国が興りまた滅び、世の中が治まり、また乱れること。


蠍座

「公養之仕~こうようのつかえ~」
君主の手厚い待遇に感じて、賢人が出向いて仕えること。


射手座

「豪放磊落~ごうほうらいらく~」
気持ちが大らかで、神経が太く、小さなことにこだわらないさま。


山羊座

「口誅筆伐~こうちゅうひつばつ~」
言葉と文章で激しく批判、攻撃すること。現代で言うと、ある事件、人物に対しマスコミ・報道機関が容赦なく批判を浴びせるたとえ。


水瓶座

「口中雌黄~こうちゅうのしおう~」
一度言ったことを、すぐ改めること。自分の意見や言論に誤りや不適当な所がある時には、訂正するという意味。そこから、文章や詩歌の添削の意味も出てきた。


魚座

「光芒一閃~こうぼういっせん~」
顔つきは親切なようでも、心の中は奥深くて何を考えているかわからない。人の心の知りがたいことのたとえ。また、態度も心も親切なことの意味もある。






四字熟語星占い  5月12日のキーワード

...2007/05/13 02:08...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「口蜜腹剣~こうみつふくけん~」
口先は親切だが、内心は陰険で恐ろしい人のたとえ。


牡牛座

「降竜伏虎~こうりゅうふくこ~」
竜を降(くだ)し、虎を伏す。強大な敵を打倒することのたとえ。


双子座

「高視闊歩~こうしかっぽ~」
目を上に向け、大またで歩く。肩で風切って歩くこと。人を見下ろしたような態度をいう。


蟹座

「紅粉青蛾~こうふんせいが~」
紅(べに)、白粉(おしろい)と青く引いた眉。美人の上手な化粧をいう。蛾は、蛾の触覚のようにすんなりと曲線を描く美人の眉“蛾眉”をさす。


獅子座

「狐仮虎威~こかこい~」
「虎の威を借りる狐」のこと。他人の威勢をかさに着て威張ること。また、背後の力を利用してのさばるたとえ。


乙女座

「好事多魔~こうじたま~」
好いことはとかく邪魔が入りやすい。いいことがあっても、有頂天になっていると、思い掛けない支障や妨害が入ってくるものだ。


天秤座

「喉舌之任~こうぜつのにん~」
君主の言葉を下の者に伝える人、宰相のこと。


蠍座

「高山流水~こうざんりゅうすい~」
高い山と流れる水。すぐれた楽曲のたとえ


射手座

「五角六張~ごかくろくちょう~」
五日に角宿にあい、六日に張宿にあう意で、この両日はものごとがうまくいかないことが多いといわれていることから、転じてなにをやってもうまくいかない日・凶日のたとえ。


山羊座

「鉤章棘句~こうしょうきょっく~」
とげのある章句。たいへん読みにくい文章。


水瓶座

「毫末之利~ごうまつのり~」
わずかの利益。


魚座

「口耳四寸~こうじしすん~」
口と耳の感覚が近いということから、人から聞いた内容を理解もせずに受け売りすること。自分の身につかない学問のことをいう。






四字熟語星占い  5月11日のキーワード

...2007/05/11 11:15...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「五戒十重~ごかいじっじゅう~」
在家の仏教信者が守るべき五つの戒めと、十の禁戒のこと。五戒は、1. 生き物を殺さない、2. 盗みをしない、3. 性に関して乱れない、4. 嘘をつかない、5. 大酒しないこと。これらを破ると地獄へ落ちる


牡牛座

「光芒万丈~こうぼうばんじょう~」
遠く四方に光を放ち、あたり一面に輝きわたるさま。聖人君主の出現、また偉人の功績をたたえる言葉。


双子座

「公私混同~こうしこんどう~」
公の立場と私の立場をごっちゃにすること。


蟹座

「光彩奪目~こうさいだつもく~」
目を奪うばかりの鮮やかさ、まばゆいばかりの美しさのこと。


獅子座

「狡兔良狗~こうとりょうく~」
功績のあった幹部、部下も利用価値がなくなると捨てられる。敵が滅びると功臣は殺されるという有名なたとえ。


乙女座

「攻城野戦~こうじょうやせん~」
城を攻め、野で戦う。攻戦。


天秤座

「公序良俗~こうじょりょうぞく~」
一般社会の秩序と善良な習慣、ならわし。


蠍座

「光彩陸離~こうさいりくり~」
美しい光がまばゆい様子。光が入り乱れて美しく輝くさま。


射手座

「口耳講説~こうじこうせつ~」
聞きかじりの耳学問を、物知り顔ですぐ人に説くこと。浅薄な学者、学識のたとえ。


山羊座

「巧遅拙速~こうちせっそく~」
上手で遅いよりも、下手でも速いほうがいいということ。孫子の兵法のひとつ。


水瓶座

「合浦珠還~ごうほしゅかん~」
一度失った大事な物が再び手に戻ることのたとえ。


魚座

「古往今来~こおうこんらい~」
昔から今に至るまで、古今。昔から。






四字熟語星占い  5月10日のキーワード

...2007/05/10 06:53...


ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「公明正大~こうめいせいだい~」
心がはっきりと明らかで、正しく大きいさま。


牡牛座

「好大喜功~こうだいきこう~」
「大を好み功を喜ぶ」大事をなし功績をあげようとする。やたら手柄を立てたがって功を焦るさま。とかくスタンドプレーの多い人を揶揄(やゆ)していう。


双子座

「口頭試問~こうとうしもん~」
その場で口頭で答えを述べる試験。


蟹座

「五蘊皆空~ごうんかいくう~」
人間の心身は五蘊よりなっていて、定まった本体がなく無我であることをいう。五蘊は環境を含めて人間の心身を五種に分析したもので「色」「受」「想」「行」「識」の五つ。


獅子座

「口耳之学~こうじのがく~」
底の浅い聞きかじりの学問。⇒「荀子」 


乙女座

「後生可畏~こうせいおそるべし~」
後輩を侮ってはいけない。恐るべき可能性を持っているということ。これから成長する若い者は未知数ではあるが、学問に励めばその進歩には恐るべきものがある。


天秤座

「江山之助~こうざんのたすけ~」
山水の美しい風景が人の詩情を助けること。


蠍座

「孤影悄然~こえいしょうぜん~」
ひとりぼっちでさみしそうなようす。しょんぼりして元気がないさま。


射手座

「江山之助~こうざんのたすけ~」
山水の美しい風景が人の詩情を助けること。


山羊座

「五陰盛苦~ごおんじょうく~」
八苦の一つ。「五陰」とは、普通の人間の持つ5つの要素「色・受・行・想・識」のこと。この「五陰」が熾烈なために起こるストレスのこと。ジェラシーなど。


水瓶座

「口尚乳臭~こうしょうにゅうしゅう~」
「口になお乳の臭いあり」年若く世間知らずの青二才をいう。


魚座

「濠濮間想~ごうぼくかんのおもい~」
俗から離れて仙境に住む心。荘子が濠のほとりで魚の楽しみ遊ぶのを見て楽しみ、また濮に魚釣りをして楚王の招きに応じなかった故事。濠・濮はともに川の名前。






四字熟語星占い  5月9日のキーワード

...2007/05/09 03:53...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「交淡如水~こうたんじょすい~」
「まじわりは淡き水のごとし」君子の交際は、目先の利害にこだわらず、お互いの人格を重んずるので水のように淡白である。


牡牛座

「傲然屹立~ごうぜんきつりつ~」
誇らし気にそびえ立つさま。また、堅固で揺るぎないさまをいう。堂々として山が険しくそびえ立つさま。


双子座

「広大無辺~こうだいむへん~」
とてつもなく広くて大きく、きわまりがないこと。


蟹座

「毫毛斧柯~ごうもうふか~」
わざわいの種は小さいうちに取り除いておかなければいけない。細いわずかな毛でも、はびこってからは斧(おの)が必要なまでになるということ。


獅子座

「傲慢無礼~ごうまんぶれい~」
威張って他人を見下し、他人に従わないさま


乙女座

「孔子之孫~こうしのまご~」
孔子顔した分別くさい男のたとえ。学者ぶった、しかつめらしい者をいう日本製のことわざ。


天秤座

「好評嘖嘖~こうひょうさくさく~」
評判がよく、しきりにほめたたえられるさま。「嘖」はざわざわと声を出して、しきりに騒いだりするさま。


蠍座

「恍然自失~こうぜんじしつ~」
ぼんやりとして気抜けしたようになる。


射手座

「巧思力索~こうしりきさく~」
巧みに考え、つとめて求める。心を砕いて考える。


山羊座

「呉下阿蒙~ごかのあもう~」
進歩のない昔のままの人間のこと。


水瓶座

「甲論乙駁~こうろんおつばく~」
議論がまとまらないこと。(甲がある説を論じると乙が反対するという様子。)


魚座

「江湖之楽~こうこのたのしみ~」
自然を友とする楽しみ。






四字熟語星占い  5月8日のキーワード

...2007/05/08 05:17...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「考績幽明~こうせきゆうめい~」
官吏の功績を考え調べて、功績の上がった者の官を進め、上がらない者は退けること。


牡牛座

「敲金撃石~こうきんげきせき~」
詩や文章の調子の優れていること。


双子座

「狡兔三窟~こうとさんくつ~」
悪賢いうさぎは隠れる穴を三つ持っていて、万一の場合そのどれかに逃げ込んで身の安全をはかる。危機に際し身の安全を守るのがうまいことのたとえ。


蟹座

「公正無私~こうせいむし~」
公平で私心私欲をまじえないこと。


獅子座

「恒産恒心~こうさんこうしん~」
定職のない者には、定まった心もない。一定した生業を持たない者は、安定した良心を持ち得ないということ。孟子が人々の生活安定を政治の基本として、その必要を強調した言葉。


乙女座

「高材疾足~こうざいしっそく~」
すぐれた才能や手腕があること、ある人のこと。


天秤座

「江湖之遠~こうこのとおき~」
都から遠く離れた、いなかのこと。


蠍座

「口講指画~こうこうしかく~」
口で説明し、指で描くの意味で、丁寧に教えること。親切に教え諭す。


射手座

「興利除弊~こうりじょへい~」
有益な事業を興し、無益な事業を廃すること。いいことを伸ばし、弊害を除去すること。


山羊座

「高論卓説~こうろんたくせつ~」
程度の高い論議。すぐれた意見。立派な理論など。


水瓶座

「曠世之感~こうせいのかん~」
世に類ないという感じ。


魚座

「恒久平和~こうきゅうへいわ~」
永久平和






四字熟語星占い  5月7日のキーワード

...2007/05/07 02:05...


ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「曠世之度~こうせいのど~」
当世に類がないと自信を持つほど大きい度量。


牡牛座

「剛毅木訥~ごうきぼくとつ~」
強い心と毅然たる態度で、しかも飾り気のない木訥とした人物は、本当にえらいということ。


双子座

「高枕無憂~こうちんむゆう~」
万全の策を立てておくこと。そうすれば君主も高枕で安眠することができ、国家の憂いもなくなるということ。


蟹座

「荒唐無稽~こうとうむけい~」
言葉や説明に根拠がなく、ばかげていること。でたらめであること。


獅子座

「巧言令色~こうげんれいしょく~」
ことばを飾り顔色を和らげて人を喜ばせ、こびへつらうこと。


乙女座

「黄絹幼婦~こうけんようふ~」
「絶妙」の意味。また判読の見事さ。「黄絹」は“色糸”であるから、この二字を偏と旁に置くと「絶」の字になる。また「幼婦」は“少女”でこれも同じく「妙」の字になる。


天秤座

「好景不長~こうけいふちょう~」
いつまでもいいことは続かない。いい夢はいずれ破れるというたとえ。好景気はそう続くものではない。


蠍座

「敲金戛石~こうきんかっせき~」
金をたたき、石をならすの意味で、詩や文章の調子の優れていること。


射手座

「公孫布被~こうそんふひ~」
偽善、売名の為の節約。


山羊座

「光風霽月~こうふうせいげつ~」
さっぱりしてわだかまりのない気持ち。雨の後の晴天に吹く風や霽(は)れた空の月のように。


水瓶座

「江湖散人~こうこさんじん~」
田舎に住む世捨て人。身寄りがなく気の向くままにできる身分。


魚座

「浩然之気~こうぜんのき~」
自分の行動が正しく、天地に恥じるところがなければ、何ものにも屈しない大らかな勇気が満ちてくるということ。広々として屈託のない雄大な気持ちをいう。






四字熟語星占い  5月6日のキーワード

...2007/05/06 16:51...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「巧偽拙誠~こうぎせっせい~」
下手でも誠のある方がよいこと。どんなに上手でも嘘が混じっているならば、劣っていても誠がこもっている方がよいことをいう。


牡牛座

「綱紀粛正~こうきしゅくせい~」
国家の規律・政治の方針や、政治家・役人の態度を正すこと。また、一般に規律を正すことをいう。


双子座

「豪華絢爛~ごうかけんらん~」
「豪華」は派手ではなやかな、「絢爛」は彩り豊かで美しいさま。すなわちはなやかに豊かで、光り輝くように美しいさま。


蟹座

「厚顔無恥~こうがんむち~」
あつかましく、恥知らずでずうずうしいこと。つらの皮の厚いこと。


獅子座

「剛毅果断~ごうきかだん~」
意志がしっかりしていて気力に富み、物事に屈しないこと。思い切って事を行う。


乙女座

「膏火自煎~こうかじせん~」
自分自身の才能によって災いを招くことのたとえ。膏(あぶら)はそれ自身が燃えて無くなってしまうことから出た。


天秤座

「口角流沫~こうかくりゅうまつ~」
「口角沫を流す」とも読む。口先につばきを飛ばして激しく議論するさま。


蠍座

「恰好無上~こうこうむじょう~」
ちょうど似合っていて、他に比べるものがない。


射手座

「光陰流水~こういんりゅうすい~」
月日の過ぎ去るさまは、水の流れの速いのと同じということ。


山羊座

「犬馬之歯~けんばのよわい~」
自分の年齢のこと。犬や馬のように無駄な年齢を重ねるという謙遜の言葉。歯は年齢。


水瓶座

「控馭之術~こうぎょのじゅつ~」
勢いを制する方法。自由に人を制し治める方法。


魚座

「傲岸不遜~ごうがんふそん~」
「傲岸」はおごりたかぶるさま。「不遜」は思い上がってへりくだらないこと。つまり、人を見下すような態度を取ること。




(お気に入り、人気スレッド)

今日の出来事、高校生日記、バトン、日記、中学生日記、日々のつれずれ、大学生日記、雑記、どうでもいいこと、気になるニュース、ブログ日記、KAT-TUN,SMAP,関ジャニ、ジャニーズ、
オンラインゲーム、ファッション、ブランド、アフィリエイト、ヘルス、ダイエット、学校、教育etc...






四字熟語星占い  5月5日のキーワード

...2007/05/05 15:04...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「見微知著~けんびちちょ~」
芽生えを見て、全体の姿をつかむ。ちょっとした手掛かり、ヒントから全体の方向や本質を見抜くこと。


牡牛座

「高岸深谷~こうがんしんこく~」
世の中の変遷が著しいことのたとえ。高い丘が深い谷に変わり、深い谷が高い岸になるようなはなはだしい変化をいう。


双子座

「高歌放吟~こうかほうぎん~」
あたりかまわず大声で歌い吟ずること。


蟹座

「犬馬之心~けんばのこころ~」
臣下や子が、主君や親のために尽くすことを、犬や馬が主人のために働くことにたとえた言葉。


獅子座

「剣抜弩張~けんばつどちょう~」
一触即発の状態。また、勝負に出る前の激しい気持ちの形容。「弩」は機械じかけで射る強い弓。


乙女座

「黔驢之技~けんろのぎ~」
見かけ倒しで内容のない拙劣な腕前をいう。また、自分の力を知らずにでしゃばって、恥をかくこと。黔州には驢馬がいない、そこへある人が驢馬を連れて行ったところ、虎が見て驢馬のからだが大きいのに恐れた。しかし驢馬が虎を蹴ったので虎は驢馬に能の無いことを知り、とうとう驢馬を食い殺してしまったという故事。


天秤座

「牽連之親~けんれんのしん~」
血続きの遠い親類。


蠍座

「兼并之徒~けんぺいのと~」
人の富を兼ね合わせて奪い取る連中


射手座

「効果覿面~こうかてきめん~」
ある事柄のききめや報いがすぐに現れること。すぐにはっきりとした結果や効果が出る。


山羊座

「行雲流水~こううんりゅうすい~」
空を行く雲と流れる水と。そのように自然のままに行動することや物事にとらわれない平静な心境のたとえ。


水瓶座

「絢爛豪華~けんらんごうか~」
きらきらと輝き、美しく派手なさま。


魚座

「抗顔為師~こうがんいし~」
たかぶった顔をして大先生ぶること。臆面もなく物知り顔をして、自分自身を先生だとうぬぼれるさま。




(お気に入り、人気スレッド)

今日の出来事、高校生日記、バトン、日記、中学生日記、日々のつれずれ、大学生日記、雑記、どうでもいいこと、気になるニュース、ブログ日記、KAT-TUN,SMAP,関ジャニ、ジャニーズ、
オンラインゲーム、ファッション、ブランド、アフィリエイト、ヘルス、ダイエット、学校、教育etc...






四字熟語星占い  5月4日のキーワード

...2007/05/04 21:06...


ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「挙一明三~こいちみょうさん~」
「一」を挙げて示せば、ただちに「三」を理解すること。非常に賢くて理解の早いたとえ。


牡牛座

「曠日持久~こうじつじきゅう~」
日を長引かせて長く持ちこたえること。無駄に長い月日を送ること。


双子座

「牽攣乖隔~けんれんかいかく~」
心は互いに引かれながら遠く離れ隔てていること。


蟹座

「見縫挿針~けんほうそうしん~」
すき間を見たら針をさす。ほんの少しの時間、空間を無駄にしないことのたとえ。


獅子座

「絢爛華麗~けんらんかれい~」
華やか、豊か、立派できらきら輝くさま。


乙女座

「鴻雁哀鳴~こうがんあいめい~」
鴻(おおとり)と雁が悲しげに鳴く。転じて、流民が窮状を声を上げて哀訴するさまのたとえ。


天秤座

「言文一致~げんぶんいっち~」
話し言葉と書き言葉とを同じにする。また、同じであること。


蠍座

「曠日彌久~こうじつびきゅう~」
むなしく日を過ごして久しきにわたる。事が長引くのにいう。


射手座

「鴻鵠之志~こうこくのこころざし~」
おおとりや、くぐいなどの大鳥の気持。大人物や英雄の心にたとえる。遠大なこころざし。


山羊座

「権謀術策~けんぼうじゅっさく~」
たくみに人をあざむくためのはかりごと。 類:権謀術数


水瓶座

「好機到来~こうきとうらい~」
ちょうどよい機会がくること。絶好の機会に恵まれること。


魚座

「犬馬之労~けんばのろう~」
犬や馬程度の働き。主人や他人のために力を尽くして奔走することを謙遜していう語。




(お気に入り、人気スレッド)

今日の出来事、高校生日記、バトン、日記、中学生日記、日々のつれずれ、大学生日記、雑記、どうでもいいこと、気になるニュース、ブログ日記、KAT-TUN,SMAP,関ジャニ、ジャニーズ、
オンラインゲーム、ファッション、ブランド、アフィリエイト、ヘルス、ダイエット、学校、教育etc...






四字熟語星占い  5月3日のキーワード

...2007/05/03 02:55...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「孔丘盗跖~こうきゅうとうせき~」
人間死ねばだれでもみな塵となる。生きているうちが花、もっと楽しもうという意味。「孔丘」は孔子、大聖人をいう。「盗跖」は孔子と同時代の大泥棒。


牡牛座

「厳正中立~げんせいちゅうりつ~」
他の国が戦っている間はどちらにも味方しない立場を守ること。


双子座

「懸頭刺股~けんとうしこ~」
非常に努力すること、苦学のたとえ。勉強していて眠くなると、自分の頭を綱にかけて引っ張ったり、股を錐で刺して目を覚ましたりして頑張ること。


蟹座

「香囲粉陣~こういふんじん~」
香りの囲いとおしろいの陣列。多くの美女に取り囲まれるさま。


獅子座

「犬馬之養~けんばのやしない~」
親をただ養うだけで、敬老の心が欠けている孝養。父母に対し、犬や馬を飼うようにただ食べさせるだけで敬愛の気持ち、思いやりのないさまをいう。


乙女座

「見風使舵~けんぷうしだ~」
風向きを見ながら舵を取る。情勢をうかがって態度を決めるやり方。日和見主義。


天秤座

「巧取豪奪~こうしゅごうだつ~」
あの手この手で巻き上げる。言葉巧みにだまし取ったり、力づくで奪ったりすること。


蠍座

「後顧之憂~こうこのうれい~」
物事をやり終わった後に残る気がかり。のちのちの心配。


射手座

「権謀術数~けんぼうじゅっすう~」
種々の計略をめぐらすこと。人をあざむくためのはかりごと。たくらみ。


山羊座

「皓月千里~こうげつせんり~」
月が明るく遠くまで輝き渡るさま。


水瓶座

「高牙大纛~こうがだいとう~」
高い牙旗(象牙の飾りをつけた旗)と牛の尾で飾った大きな指し物。将軍の陣営のしるし、または、高位の者の供回りのしるし。


魚座

「顕微無間~けんびむげん~」
現れていることと微かなこととの間には全く区別がない。現象と本体とは一体で不離の関係がある。




(お気に入り、人気スレッド)

今日の出来事、高校生日記、バトン、日記、中学生日記、日々のつれずれ、大学生日記、雑記、どうでもいいこと、気になるニュース、ブログ日記、KAT-TUN,SMAP,関ジャニ、ジャニーズ、
オンラインゲーム、ファッション、ブランド、アフィリエイト、ヘルス、ダイエット、学校、教育etc...






四字熟語星占い  5月2日のキーワード

...2007/05/02 03:41...

ランキングに参加しています。積極的にクリックお願いします!


この星占いで四字熟語のポテンシャルを高めながら、心の謎解きをしてみてね。



今日の四字熟語キーワード




牡羊座

「居安思危~こあんしき~」
「安に居て危を思う」平安無事のときにも、危難に備え、用心を怠らないこと。


牡牛座

「原心定罪~げんしんていざい~」
人を処断するときは、本人の動機をよく究明し、それに基づいて罪刑を決定するということ。


双子座

「堅甲利兵~けんこうりへい~」
堅いよろいと営利な兵器。強い軍隊、軍事力をいう。


蟹座

「兼人之勇~けんじんのゆう~」
人にまさる勇気。


獅子座

「鶏鳴狗吠~けいめいこうばい~」
鶏が鳴き、犬が吠える。人家のたてこんでいるさま。


乙女座

「言伝身教~げんでんしんきょう~」
言葉でわかりやすく説明し、身をもって教える。ていねいに人を導くこと。


天秤座

「見利忘義~けんりぼうぎ~」
「利を見て義を忘れる」---利欲に目がくらんで、道義を忘れる。儲けのためなら手段を選ばずにやる、あこぎな商売のやり方。


蠍座

「綱紀頽弛~こうきたいし~」
政道がすたれゆるむこと。政道:政治の道、政治の方法。


射手座

「犬馬之年~けんばのとし~」
自分の年齢を卑下して言う言葉。なすこともなく、いたずらに齢を重ねること。馬鈴のこと。犬や馬のように、これといった働きもなく、この年になりましたという謙遜語。


山羊座

「綱挙目張~こうきょもくちょう~」
要点をきちんと押さえれば、自然に解決されるというたとえ。また、文章の筋道がきちんと通って、読んで理解しやすいこと。


水瓶座

「高圧手段~こうあつしゅだん~」
ある強い力で押さえつけて、他の者を自分に従わせるやり方。あたまごなし。


魚座

「堅白同異~けんぱくどうい~」
こじつけ、詭弁のこと。



(お気に入り、人気スレッド)

今日の出来事、高校生日記、バトン、日記、中学生日記、日々のつれずれ、大学生日記、雑記、どうでもいいこと、気になるニュース、ブログ日記、KAT-TUN,SMAP,関ジャニ、ジャニーズ、
オンラインゲーム、ファッション、ブランド、アフィリエイト、ヘルス、ダイエット、学校、教育etc...











CALENDER
04 ⇔ 2007/05 ⇔ 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。